冷泉荘日記

掃除道具ラブ

2017/5/11

管理人をしていて、最も使うのが掃除道具。

掃除機を新しいものに買い替えまして、うれしすぎでの日記更新です。

 

毎日1〜2時間かけての共用部清掃、レンタルスペース等お部屋の掃除と、管理人としての基本業務であり、たっぷり時間をかけていることもあって、その相棒たる道具選びはずーっと続く悩みです。

 

ということで、今回はぼくの相棒たるメイン掃除道具を紹介。

 

冷泉荘の外〜階段、雨天、階段部を傷つけない、手作りな階段ゆえに溝の大きさがまちまち、耐久性、毎日使うものゆえのデザイン性などから、アレコレずっと悩み続けてきたホウキ。現状でお気に入りのものがこちら。

 

 

山崎産業のコンドル ニューブルロン庭箒!

階段掃除をしていると、隅っこのゴミをかきだすために、力をかける部分が生じるため、自然素材や毛が細いものがほんとは優しくていいのだけどどうしても抜け毛が多発してしまう。また、化学繊維だと乾湿両用な上、使い込むと毛先が枝毛してホコリを毛先に吸着しやすく、ホコリや髪の毛の上からトンと叩くだけでゴミ回収可能!

そして黄色と青、すぐとれる黄緑のピラピラ(写真のはもう取れちゃってますけど)と、レトロなデザインもかわいく、お気に入りです。

なので、めっちゃ使い込みます(この、使い込みきったあたりが機動性高くて案外掃除しやすいので、捨てられずにおります)

 

 

掃除機は、、、じつはあんまり思い入れなかったんですが、約6年、ほぼ毎日触るうちにぼくの掃除機価値基準の標準値となったのがこちら。冷泉荘の管理会社 ㈱スペースRデザインにおいてあったものをもらってきたのが1台目のパナソニックMC-HL-90F。現在はホースの根元が裂け(テープで補修)、ヘッドの裏は摩擦で削れて穴あいている、そしてついにモーターの回転異常で異常熱が発生しちょいと煙が出てしまうところまでいってしまいました。

持ち運びもしやすくパワフルで実に堅実な掃除機。

 

 

2台目もパナソニックがいいなと思っておりましたが、実際に店頭で触ってみて価格帯・軽さ・デザイン性でよかったのがこちら。シャープEC-KP15P!ブキにも見える掃除機が出ているなど、実にデザイン性がナイスなシャープ!(ぜんぜん関係ないですが、ラジカセもシャープのが好きです)丸系の多い掃除機界において、カクっとしたデザインが素敵。カラーリングは仮面ライダースナイプを思い出す紺色と蛍光イエロー!そして軽い!

 

ぼくの使用スタイルは本体を左手で持ちながら掃除機をかけていきますので、持ちやすさと縦置きしやすさはかなり重要な要素。他の持ち運び時にはホースをかけて片手で持っていくのですが、ホースをかけている部分が外れやすいので持ち方の工夫が必要なのですが、それでもこの軽さと本体の持ちやすさは非常にナイスです。ちょっと使っただけですが、自走するヘッドも自走しすぎず軽々手前に引き戻せるくらいで、良さげ。

お気に入りの掃除機に巡り会えた気がします。

 

これからもバンバンクリーニング!しちゃうぞ!

 

 

 

 

 


ページトップへ

2017年、今年も博多松囃子・稚児舞をご披露いただきました。

2017/5/04

 

 

5月3日と4日は、博多のゴールデンウィークは、「博多どんたく港祭り」です!

博多だけでなく福岡全体がまつりの場となって、参加する方も観にいらしている方もたっくさんの大賑わいの2日間。冷泉荘すぐ前の冷泉公園はパレード出演者の待機場で、パレード出演前の最終調整や練習などで、多様なジャンル入り乱れた賑わいに包まれます。

 

どんたくは、もともと福神・恵比須・大黒の三福神と稚児舞、通りもんから成る「博多松囃子」から生じたと言われるお祭りです。博多松囃子が「祝うたぁ(いおうたぁ)」とおめでたい挨拶まわりをして練り歩く「通りもん」が今のパレードになったそうです。博多どんたく港祭りも、三福神と稚児舞がパレードを率いて、高砂連や市長たちVIPカー、その後にさまざまなパレードが続く形式となっています。三福神は馬にのって、傘鉾をぐるっとくぐると福が得られるそう。呉服町駅近くのスタート地点では稚児舞が、全部の班が大集合して舞を披露してからパレードがはじまります。稚児舞とてもすばらしいので、ぜひとも5月3日の呉服町駅近くのスタート地点周辺で、どんたくの最初をぜひ観ていただきたいなぁと思います。

 

と、毎年恒例のどんたくの解説からはじめておりますが、稚児舞、なんととても光栄なことに毎年冷泉荘にも舞を披露にいらしていただいております。稚児舞はいくつかの班にわかれて博多の神社・お寺、博多座やキャナルシティ、ホテル、デパートなどそうそうたる方々のなかに冷泉荘もいれていただいており、本当にありがたいことです。

昨年、一昨年と雨が続いておりましたが、今年の5月3日の朝は晴れ!

久しぶりに外で稚児舞をお受けいたしました。

 

 

 

 

午後13時からはパレードがはじまります。三福神、稚児舞の博多松囃子、そしてどんたくパレード!

 

 

 

このあと、まさかの豪雨がやってきて、5/3のパレードが昨年につづき中止となってしまうとは。。。まだこのときは微塵も感じておりませぬほどの快晴。。。

 

5/4はパカっと晴れて大盛り上がりでした!

 

写真は撮れていないのですが、博多人形師の田中勇気さんも、なんと博多にわかデビューされていたとか。。。!

演歌歌手・那珂川仁美さんもステージで歌われておりましたし、冷泉荘関係の方もあれこれどんたくに関わっている方多いです。

 

 

 

どんたくにはたくさんの出店も出ているのですが、なんと6/3(土)に開催の「あおぞら市」主催・e-acce. エリさんが渋谷コロッケさんをお手伝いされておりました〜。れいぜん荘ピクニック&あおぞら市のイベントちらしも配っていただいておりました。ありがとうございます!渋谷コロッケさん、ころころかわいくておいしい揚げたてコロッケを串にさして食べることができるのですが、1串200円とリーズナブルでした〜!6/3のあおぞら市にも出店されるとのこと。おたのしみにー!

 

れいぜん荘ピクニック2017・春&あおぞら市:http://www.reizensou.com/event/reizensou_picnic2017ss/

 

 

 

 

 

 

 


ページトップへ

冷泉荘最後の秘境!?元・シャワー室との噂の、、、開かずの間をついにあけちゃいました

2017/4/24

今年からはじまる、冷泉荘屋上でのペットボトル稲栽培プロジェクト「たのしイネ」のシーズン2!

「たのしイネ」は、都会ビルの屋上を舞台に、ペットボトルで一粒の種もみから収穫、お米を食べるまでを体験する取り組みでで、まちなかで農や食と出会うプロジェクト。

冷泉荘のオーナー・吉原住宅(有)と管理会社・㈱スペースRデザインのある天神パークビル(福岡市中央区大名)の屋上での6年間の活動を終え、第2期(シーズン2)を冷泉荘屋上へと会場を移しての開催となります。

 

平尾健二先生(ペット稲考案者・福岡教育大学技術教育講座教授) 、森千鶴子さん(フリー記者、食文化研究家)を中心に、指導してもらいながらの屋上での稲栽培をあれこれ模索しながら学んでいきます。

 

たのしイネ > http://tanoshi-ine.com

 

会場を移す理由は、ペットボトル稲栽培で、もしかして屋上の断熱に効果があるかも、、、という実験も兼ねての展開です。

こちらは、また改めてお話するとして、、、

 

 

まずは冷泉荘屋上で開催するために、土やスコップなどの一時保管倉庫があると便利だなぁ。。。

そういえば、屋上の手前に、開かずの間があるぞ!と。

 

 

いろいろと噂をたどれば、元・シャワー室との話も。。。広さがどのくらいあるのか、いったいいつから封鎖されているのかもきちんとした情報が得られずでしたので、もう開けちゃうのがはやい!と、たのしイネのメンバーも集まって、開かずの間、あけちゃいました。

 

開封指南は、㈱スペースRデザインのリノベーションデザイン/工事担当の本田悠人さん。

ドヤ笑顔で、手前の棒をどけます。

 

 

そして、テープカット的な感じで、平尾先生にバールを託します。

 

 

 

あけちゃう!

バァーーーーーーーンッ!!!!!!

 

 

かつて、スラム化していた名残が!

名前のタギング!

よく見ると、これペンとかで書いているのではなく、スタンプかなにかで点描して書かれています。

色の濃さから、おそらく数回にわけて書かれているようですが、なぜかみんなスタンプで点描。

 

壁は思ったよりもキレイな白。そして案外広い。

真上が貯水槽で、その真下がまるっとシャワー室だったようです。

 

 

シャワーヘッド!

公園の水飲み場にある感じの!

 

 

千穂、何回も書かれていて、ものすごく愛されてます

 

 

 

 

どうやら給水管を全面的にやりかえている、2000年ごろに一度業者さんが入っているようで、そのときにある程度片付けてくれているようです。

 

名前のタギング跡から推察しても、立ち入った人は少数なようですが、いまではおかげさまでスラム化していたのがうそみたいになってきている冷泉荘の、貴重な痕跡がみつかりました。

 

名前は、

 

千穂、しんや、

けんいち、由美、

諸島さとし、(名前の位置的に、さとしさんだけ彼女いない感じ。。。?)

アキラ、タミコ

 

と書かれています。

もしも、書いたご本人さんがこの記事を読まれておりましたら、ぜひ当時のお話をお聞きしたいですね〜〜〜

ご気軽に冷泉荘事務局までいらしていただけますとうれしいです!

 

 

 

 

こちらのお部屋、6月3日(土)に開催の「れいぜん荘ピクニック&あおぞら市」で実施の、管理人とまわる冷泉荘ツアーのコースに組み込んで、ご案内予定!

管理人とまわる冷泉荘ツアーは、11時・13時・15時に冷泉荘前に集合して出発。どなたでも無料で、とびこみ途中参加途中離脱も自由なツアーです。

 

観てみたいという方、ぜひぜひおたのしみにー!

 


ページトップへ

冷泉荘、階段補修②

2017/3/20

昨年夏に実施した冷泉荘の階段防水工事。

最初は冷泉荘の外壁防水塗装と同じ塗料で検討しておりましたが、施工期間や飲食店への臭いの影響も加味し、最終的に浸透性コンクリート防水を行いました。

表面的にはあまりビフォーアフターの違いがわからないのですが、今までは階段全体が濡れていたのが側溝に雨水が流れるようになっているように感じます。

 

さて、このたびは側溝に流れる水の量が増えた影響か、側溝にあったひび割れから階下に水が滴る箇所が出てきたため、階段のひび割れ補修を実施中。

まだ最後の塗装前で工事中といった状況ですが、ひと段落しましたのでご報告です。

 

 

 

側溝のひび割れから、階下のひび割れに水が滴っています。

 

手すりの付け根部分もクラックが多数あり、今回は側溝や手すりの付け根を重点的に補修しています。

 

 

 

 

 

モルタルで固めて、浮いてきている塗装を剥がして塗り直し。

 

 

冷泉荘は、リノベーションミュージアムと銘打っていることもあり、補修や工事の跡や、工事の過程も、パッチワークの模様のように見てたのしむことが出来るよう、可能な限り隠さずに残しています。

冷泉荘の階段を登りながら、建物の歩んできた歴史と年齢の重ね方に、一緒に思いを馳せてもらえましたら嬉しいです。

 

今後も、冷泉荘の工事の様子は色々と随時紹介していけたらと思っております。

よろしくおねがいいたします!

 

 

 

 

 

 


ページトップへ

毎年すてきな櫛田神社の節分大祭

2017/2/04

 

 

冷泉荘管理人になって毎年驚くのが、冷泉荘から徒歩5分ほどでいける櫛田神社の節分おたふく!

1月下旬〜2月初旬の節分前後に、櫛田神社の3つある門の内と外にドドンと現れる、日本一の巨大な「お多福面」。高さ5.3メートル、幅5メートルの大きさで、どれも表情や髪型が少しずつ違います。見ているだけでこちらも笑顔になるおたふくの口をくぐると、家内安全・商売繁盛のご利益あり!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして節分の日は、全国的にも豆まきで大盛り上がりですが櫛田神社も大にぎわいです!今年のゲストはくまモン、その他たくさんの年男・年女、地元の名士の方々が30分おきに豆まきをされますのでそれはもう大にぎわい。

 

なんと今年は年男ということで食道よこちょう・白川さんが長谷川法世さんたちと一緒に豆まきをされておりました〜!

白川さんかっこいいです!黒のハットをかぶって登場した白川さん、駆けつけたご友人ファンの皆さんから誰よりもたくさんの声援が飛んでいて、白川さん街にたっぷり愛されているなぁと、僕も激写。

 

 

 

 

 

冷泉荘ではB棟1階にて月光亭落語会 第8回「鬼は外 福は笑いで 酉に行けの巻」が開催中で、大笑いの渦を巻き起こしておりましたが、お昼時に月光亭の皆さんも櫛田神社におたふく参拝。あれれ!鬼が内に!笑

(写真は、月光亭落語会のFacebookページからお借りしてきました)

 

 

 

すぐ近くの東長寺も節分は大にぎわい。博多のお祭り好きっぷりが堪能できますので、ぜひみなさま来年の節分は、博多へお越しくださいませ〜!

 

 


ページトップへ