「 ニュース&トピックス 」一覧

月刊冷泉荘2021年12月号できました!

月刊冷泉荘2021年12月号できました!

毎月発行しているフリーの冷泉荘情報紙「月刊冷泉荘」の2021年12月号が完成しました(配布は11/29[月]ごろから)。今月号の表紙はA101号「ユウアヒア(YOU ARE HERE)」さん。ウェルビーイングをテーマに多様な社会的関わりを拓いていくコミュニティセンター「ユウアヒア」さん。それぞれの存在を認め合いながら、安心して関わり合いながら、新しい価値観や文化の生まれる場所を目指して運営されているユウアヒアさんに、まちの図書館となるべく「ユウアヒアライブラリー」が誕生しました!
ユウアヒアさんからコメントをいただいております。
『さまざまな社会的関わりを拓くための一歩として、いろんな人が集まってつくるまちの図書館を目指して「ユウアヒアライブラリー」を始めました。本を借りるのにお金はかかりません。オープン日は不定期ですので、Instagramをご確認のうえ、いらしてください。』
https://www.instagram.com/youarehere.lib/

月刊冷泉荘2021年11月号できました!

月刊冷泉荘2021年11月号できました!

毎月発行しているフリーの冷泉荘情報紙「月刊冷泉荘」の2021年11月号が完成しました(配布は10/30[土]ごろから)。今月号の表紙はA33号「楽研サロン」さん。2021年4月に新たにオープンした楽研サロンさん。長引く緊急事態宣言等でなかなかオープンしづらい状況が続いておりましたが、ようやく本格稼働!お昼はオフィス、夜は限定バーをされております。
楽研サロンさんからコメントをいただいております。
大人がしっかりくつろげるバーを目指して4月にオープンしたんですがずっとコロナ禍でウズウズしてました。ようやく本格稼働です。推しメニューは、幻の黄金比ハイボールとクセになる酒のアテ。65インチの大画面でライブやスポーツ観戦もオススメです!』
https://coubic.com/gakuken-salon

月刊冷泉荘2021年10月号できました!

月刊冷泉荘2021年10月号できました!

毎月発行しているフリーの冷泉荘情報紙「月刊冷泉荘」の2021年10月号が完成しました(配布は9/29[水]ごろから)。今月号の表紙はB25号「まちづくり屋さん」。まちに住むヒトや行政、NPOなどみんなが幸せになるように、まちづくりなどの地域政策の企画・サポートをされています。
まちづくり屋さん代表・池田さんからコメントをいただいております。
『まちとひとが楽しく関わり合っていける世界を創るために活動をしています。なかなか気がつかない自分たちの良さに気がついてほっこりする瞬間が嬉しいです。表紙写真で着ている服は趣味の洋裁で、大島という着物をシャツに仕立て直した物です。このシャツのようにモノやまちの新しい人生を見つめていきたいです。』

月刊冷泉荘2021年9月号できました!

月刊冷泉荘2021年9月号できました!

毎月発行しているフリーの冷泉荘情報紙「月刊冷泉荘」の2021年9月号が完成しました(配布は8/30[月]ごろから)。今月号の表紙はB44号「株式会社トリップインサイト」さん。訪日旅行客向け発地ツアーや着地ツアーの催行、ホテル・バス・ガイドなどの手配業務、海外向け情報発信WEBサイトの企画・制作・運営などをされている旅行会社さんです。現在はコロナ禍の影響でボーダーが閉じてしまったため、博多の美しい工芸品を世界の方にもお届けできるように通販サイト運営をされております。
トリップインサイト代表・田中真さんからコメントをいただいております。
『事務所の世界地図には、弊社ツアーに参加されたお客様の街にピンが立っています。ボーダーが閉じたので、以前からしてみたかったECサイトを立上げました。博多の美しい工芸品を世界の方にもお届けしたく、10月から越境EC化して海外にも販売します。今度は世界地図を、お買い求め頂いたお客様の街のピンでいっぱいにしたいです。』
博多伝統工芸品オンラインショップ
https://craftsofhakata.com/

月刊冷泉荘2021年8月号できました!

月刊冷泉荘2021年8月号できました!

毎月発行しているフリーの冷泉荘情報紙「月刊冷泉荘」の2021年8月号が完成しました(配布は7/31[金]ごろから)。今月号の表紙はA21号「ひびきの電子株式会社」さん。人工知能、自動運転技術、センサーの開発や、開発したセンサーを利用した製品開発をされている、九州工業大学発のベンチャー企業です。レーザーやレーザープロジェクターを活用して新たに開発中の製品を月刊冷泉荘の表紙写真にて紹介いただきました!
ひびきの電子さんからコメントをいただいております。
『レーザーを用いた高画質かつ超小型の次世代プロジェクターを使用して、腕時計型のスマートフォン(腕に画面が表示され、タッチ操作)を構想中。もちろん、真面目にセンサー開発のお仕事も行っております…冷泉荘付近で基板を持ってウロウロしている女子は大体ひびきの電子のスタッフです(笑)』
http://hibikinodenshi.co.jp

月刊冷泉荘2021年7月号できました!

月刊冷泉荘2021年7月号できました!

毎月発行しているフリーの冷泉荘情報紙「月刊冷泉荘」の2021年7月号が完成しました(配布は6/30[水]ごろから)。今月号の表紙はA32号「Belle et Claire」(そらいろのたね)さん。アートスタジオ「そらいろのたね」さんは、A13号にくわえて6月からA32号にもご入居いただき、A13号ではこどもアートアトリエ、A32号では屋号を「Belle et Claire(ベルエクレール)」として、大人向けの色彩心理講座をされることとなりました!よろしくお願いいたします!
そらいろのたねさんからコメントをいただいております。
『A13号に続いてAdultな空間を新たに『Belle et Claire』(ベルエクレール)と名付け、ここにオープンいたしました。A13号で承っていた従来の大人の色彩心理講座、Basic・資格取得講座はもちろん、色彩を活用した資質を覚醒させる講座など、新たな講座も企画中です。いろいろなイベントも企画してまいりますのでお楽しみに♡』
https://sorairo-tane.net

月刊冷泉荘2021年6月号できました!

月刊冷泉荘2021年6月号できました!

毎月発行しているフリーの冷泉荘情報紙「月刊冷泉荘」の2021年6月号が完成しました(配布は5/31[月]ごろから)。今月号の表紙はA41号「田中勇気博多人形工房」さん。冷泉荘に工房を構えていただいてから今年で5年目!少し前に飾り棚を新しくするなどちょっぴりお部屋の改装もされています。絵付け体験などもされておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
田中勇気さんからコメントをいただいております。
『相撲を作り続けて記念すべき五体目、三人寄れば文殊の知恵とも言いますが五人も力士が寄ればその体力たるや計り知れません。さて、奇しくも工房は五年目に入りましたが今後も私は飽きることなくお相撲さんを作り続ける事でしょう。』
http://hakataningyo.boo.jp

月刊冷泉荘2021年5月号できました!

月刊冷泉荘2021年5月号できました!

毎月発行しているフリーの冷泉荘情報紙「月刊冷泉荘」の2021年5月号が完成しました(配布は4/29[木・祝]ごろから)。今月号の表紙はB35号「6pups Design」さん。2021年2月から冷泉荘にご入居いただくことになった、ペット服製作アトリエです。みなさまどうぞよろしくお願いいたします!
6pups Designさんからコメントをいただいております。
『Good fabric・Good design・Good clothes良い人達が良い素材で作る良い洋服を目指いしています。我が子に合う洋服をオーダーメイドで製作してみませんか。肌心地に良い生地を選び、素材に合うデザインを丁寧に縫製しようと心掛けております。』
instagram @6pups_official

月刊冷泉荘2021年4月号できました!

月刊冷泉荘2021年4月号できました!

毎月発行しているフリーの冷泉荘情報紙「月刊冷泉荘」の2021年4月号が完成しました(配布は3/31[水]ごろから)。今月号の表紙はA53号「信濃設計研究所 nano Architects」さん。一級建築士事務所で、新築設計・デザインだけでなく、リノベーションも多く手がけられており、福岡のリノベーションを語る際には外すことのできないお方です。
信濃さんからコメントをいただいております。『社会から宙づりにされた特殊ルールで支配されているキャンパス内の住民たち。多くの若者はアバターと化し、キャンパス内キャラとして振る舞っている。私の役割は、特殊ルールを無効化した空間をゼミ内に作り、キャンパスを支配するアーキテクチャの網から人格を解放しヒトに戻す役割なのだが、強固なアーキテクチャに風穴を開けて救出するのは超難しい。多くの若者たちは特殊ルールのなかで責任を回避し守られながら駄々をこねる反抗期体制維持を欲するからだ。特殊ルールを脱獄してまで責任ある自分を尊厳とともに確立しようとはしない。この奇妙な体制が社会的体幹を狂わせる。』

月刊冷泉荘2021年3月号できました!

月刊冷泉荘2021年3月号できました!

毎月発行しているフリーの冷泉荘情報紙「月刊冷泉荘」の2021年3月号が完成しました(配布は2/28[日]ごろから)。今月号の表紙はA43号「株式会社マサカノ」さん。まさか!そんな方法があったとは、まさか!そう来るとは、まさか!ここまで広がるとは、という楽しいコト・モノを作る会社さんです。ワークショップ設計や、イベント企画、広告制作など幅広くお仕事をされております。京都・与謝野町の日本酒「ヨサムスメ」のプロデュースもされております。
株式会社マサカノさんからコメントをいただいております。『時流はどんどんDXへ。マサカノはどんどんアナログへ。今年は自然回帰の拠点づくりを始めます。進化からちょっと離れて、土に触れる暮らしを体感できる場所。「生きてる」を感じるって、ステキだと思うんだよなあ。』
http://masacano.com

月刊冷泉荘2021年2月号できました!

月刊冷泉荘2021年2月号できました!

毎月発行しているフリーの冷泉荘情報紙「月刊冷泉荘」の2021年2月号が完成しました(配布は1/31[日]ごろから)。今月号の表紙はA11号「RILL BAGEL」さん。九州産小麦100%・天然酵母・麦芽・塩・水を原料とし長時間低温発酵することで小麦本来の旨みともっちりとした食感が味わえるベーグル屋さんです。
RILL BAGELさんからコメントをいただいております。
『RILL BAGELという名前は rill(小川・細流)のように細く長く続けて いければという思いでつけました。 今年12周年。 これからもRILL BAGELであり続けられるように頑張ります!!』
https://rillbagel.business.site

月刊冷泉荘2021年1月号できました!

月刊冷泉荘2021年1月号できました!

毎月発行しているフリーの冷泉荘情報紙「月刊冷泉荘」の2021年1月号が完成しました(配布は12/27[日]ごろから)。B45号・B55号「NPO法人 ドネルモ」さん。文化を通じて、コミュニティやしくみを創造するNPO法人のドネルモさん。「地域デザインの学校」や「地域活動オンラインプラス」など、まちづくりや地域での活動をはじめ、多岐にわたってコミュニティやしくみづくりをされております。
ドネルモさんからコメントをいただいております。
『人と人が会って関わる仕事の多いドネルモにとって、昨年はコロナという荒波に揉まれ、試行錯誤の連続でした。とはいえ、新しいスタッフが増え、これまでにない事業に挑戦したり、新たな出会いがあったりと、良い意味での変化も大きい年でした。きっと今年もそうなんだろな』
http://donnerlemot.com/

月刊冷泉荘2020年12月号できました!

月刊冷泉荘2020年12月号できました!

毎月発行しているフリーの冷泉荘情報紙「月刊冷泉荘」の2020年12月号が完成しました(配布は11/30[月]ごろから)。今月の表紙は、A51号「テトラグラフ写真室」さん。今月の表紙は、A51号「テトラグラフ写真室」さん。冷泉荘の屋根裏部屋にあたるA51号室で、自然光による撮影ができる写真室をされております。月刊冷泉荘の表紙も毎号テトラグラフ写真室さんに撮影していただいており、とても素敵な写真に仕上げていただいております!
テトラグラフ写真室代表のカメラマン・雨宮さんからコメントをいただいております。
『冷泉荘の屋根裏部屋に、自然光で撮影できる写真室を作りました。 人と人とのつながりを写真に納めるお手伝いをしています。2Lサイズのフォトウェディングのためのパンフレットができました。資料請求のお客さまへお送りしておりますので、webサイト・Instagram・Facebookよりお問い合わせください。』
https://tetragraph.com/

月刊冷泉荘2020年11月号できました!

月刊冷泉荘2020年11月号できました!

毎月発行しているフリーの冷泉荘情報紙「月刊冷泉荘」の2020年11月号が完成しました(配布は10/30[金]ごろから)。今月の表紙は、A42号「FUKUOKA ART NINJA」さん。アートに関するイベントの企画、制作、設営業務をされながら、英語力を活用して、海外との双方向における情報発信、情報交換、英会話教室、通訳案内士などさまざまな事業を展開されております。FUKUOKA ART NINJA代表の徳永昭夫さんからコメントをいただいております。
『小さい頃から念願だった、英語を使っての仕事はしていますが、やればやるほど自分の苦手な部分が露呈します。これはもう生涯の学習として、語彙を増やすのも、文法もライティングも、あせらずじっくりコツコツを続けるしかなさそうです。とりあえず元気です!!』
https://www.fukuokaartninja.com/

月刊冷泉荘2020年10月号できました!

月刊冷泉荘2020年10月号できました!

毎月発行しているフリーの冷泉荘情報紙「月刊冷泉荘」の2020年10月号が完成しました(配布は9/30[水]ごろから)。今月の表紙は、A31号「アトリエ穂音」さん。冷泉荘の現在の集合アトリエとしてのプロジェクトがスタートしてからずっと入居していただいている、日本画教室です。アトリエ穂音主宰の比佐水音さんからコメントをいただいております。
『アトリエ穂音は、冷泉荘に入居してから、 今年の5月で14周年になりました。 なんと早かった年月でしょう、日本画教室では11年習っている生徒さんもおられますよ。比佐も作家活動歴は、30年になりました。』
http://hisamiwo.com/

アトリエ穂音主宰の比佐水音さんが望雲(福岡市)にて「比佐水音 日本画小作品」展を開催されます。

アトリエ穂音主宰の比佐水音さんが望雲(福岡市)にて「比佐水音 日本画小作品」展を開催されます。

■日時:9月12日(土)~9月27日(日)open/13~19時(会期中水曜休み)
■場所:望雲(福岡市中央区渡辺2-3-27 待鳥ビル「望雲」507号室、tel 092-733-1135)
■在廊:初日、最終日
[会期中イベント]
「京都岡崎の茶房『好日居』横山晴美さんによる中国茶会」
■日時:9月19日・20日の両日、13時~、15時~、17時~。要予約
■場所:「望雲」307号室
「桐箱に日本画材で彩色するワークショップ」
■日時:9月26日13時~15時の部(3名限定)/16時~18時の部(3名限定)
■使用材料:墨、膠、胡粉、水干絵具、岩絵具、金泥、銀泥
■講師/比佐水音
要予約。ご予約は望雲まで。
【詳細】http://weblog.atelier-horn.com

月刊冷泉荘2020年9月号できました!

月刊冷泉荘2020年9月号できました!

毎月発行しているフリーの冷泉荘情報紙「月刊冷泉荘」の2020年9月号が完成しました(配布は8/31[月]ごろから)。今月の表紙は、B34号「Laule'a yoga & pilates studio」さん。ヨガ指導者養成コースをはじめ、パーソナルのボディーメンテのセッションなど幅広くクラスを開催されているヨガ&ピラティススタジオです。ラウレア代表の高橋ひとよさんからコメントをいただいております。
『今年で10年目を迎えるラウレアヨガスタジオ。主にヨガ指導者養成コースを開催しています。もちろんヨガ愛好者のためのクラスやピラティスクラス、パーソナルのボディーメンテのセッションも行っています。お家に閉じこもりがちなこの時期に、調身・調息・調心。少人数で安心安全に行えるラウレアヨガスタジオで日頃の不調も整えていきませんか?』
ご連絡先:laulea.yoga@gmail.com

冷泉荘A31号 アトリエ穂音さんを応援するコンピレーションアルバム「Sound on The Water」が発売されました!

冷泉荘A31号 アトリエ穂音さんを応援するコンピレーションアルバム「Sound on The Water」が発売されました!

日本画のアトリエ/教室であるとともに、たくさんのアーティストをつなぐ場となっている冷泉荘A31号アトリエ穂音さん。大切な場所を盛り上げていきたいというiimaのイシイタカユキさんとzerokichiさんの思いで、アトリエ穂音さん活動継続支援のための応援コンピレーションアルバムが作られました!アトリエ穂音さんにゆかりのあるミュージシャンたちが集まっています。アトリエ穂音コンピレーションアルバム「Sound on The Water」、ぜひご購入くださいませ!
http://www.tsumiki-code.com/sound_on_the_water/

月刊冷泉荘2020年8月号できました!

月刊冷泉荘2020年8月号できました!

毎月発行しているフリーの冷泉荘情報紙「月刊冷泉荘」の2020年8月号が完成しました(配布は7/31[金]ごろから)。今月の表紙は、A22号「ソニ韓国語教室」さん。感染防止対策をしっかりとり、ビニールシートやアクリル板などを設置し、ドアを開け常時換気をしながらソニさんはマスク+フェイスガードでレッスンを再開されております。ソニさんからコメントをいただいております。
『안녕하세요. アンニョンハセヨ~ 冷泉荘で「ソニ韓国語教室」を始めて今年10年目。きっと記憶に残る年になるのでは… 今まで経験のない「コロナ禍の休業」から様々なことを学び、やっと元気いっぱいの皆さんと教室再開「ウィズコロナ」へ。「ソニ韓国語教室」は 「今を大事に!」をモットーに今日も感謝の 気持ちでいっぱいです♪』

月刊冷泉荘2020年7月号できました!

月刊冷泉荘2020年7月号できました!

毎月発行しているフリーの冷泉荘情報紙「月刊冷泉荘」の2020年7月号が完成しました(配布は6/30[火]ごろから)。今月の表紙は、B24号「shoe lab noppo」さん。注文靴や、自分で1から靴を作ることができる教室をされております。shoe lab noppoさんからコメントをいただいております。
「かっこいい道具は未知の力を引き出してくれそうな気がして、古いミシンに手をだしてしまいました。なんであれ、ものをつくるのは楽しいことです。靴もそんなのがつくりたいところですが、自分でつくれば、さらに面白い化学反応が起こるに違いない、と思いながら靴づくりの教室をしています。」
sl-noppo.net