アトリエKAZU主宰 パネルディスカッション「私たちにとって表現とは何か?」

アトリエKAZU代表 村田です。

昨年より年1回フリーアートマガジンを発行しています。

第1号は特集 現場の声。第2号は特集 心が動く時 です。

第2号は今年の7月中旬以降発行予定です。

趣旨は 市民とアートの虹の架け橋となるため

目的は ひとりひとりが勇気と幸せを得るためです

原稿は 彫刻 絵画 演劇 ダンス 音楽 染色 イラストなど多岐の分野に渡る。

表現者たち、あるいはアーティストの生き方、価値感,考え方や表現方法は異なりますが目指すところはひとつです。ひとりひとりが自由で平和で彩り豊かな人生を送るためです。

多くの仲間を作り、友達の輪が広がり、生きやすい世の中にして行きましょう。

今回、パネルディスカッションに参加して頂いた方々にはマガジンを無料で配布致します。

皆様の参加をお待ちしています。

村田和文

アトリエKAZU主宰 パネルディスカッション「私たちにとって表現とは何か?」

日時:2022年9月4日(日)午前10時-12時

場所:冷泉荘ギャラリー

(福岡県福岡市博多区上川端町9-35 リノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1階)

【アクセス】

福岡市営地下鉄中洲川端駅5番出口より徒歩5分

西鉄バス川端町博多座前徒歩5分

冷泉公園と川端商店街の間の細い路地に入る

※駐車場はありません。

https://www.reizensou.com/access/

> google map

テーマ:私たちにとって表現とは何か?

パネルディスカッション出席者:柴田泰雲、八坂圭、玄海椿、清原倫子、村田和文 (順不同)

入場料:500円

【詳細】

アトリエKAZU Facebookページ

https://www.facebook.com/アトリエkazu-104571788989295/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする