稲口 マンゾ 個展「空に穴があくほどに、冬」 [開催中、土日のみ11時〜19時、平日は予約制]

会員制バー「楽研サロン」が新たな試みで、土日のギャラリー開催を始めます。

記念すべき、第1弾は、

稲口 マンゾ 個展「空に穴があくほどに、冬」

“akashic records”

それは、ひとつのキーワード

緻密な線の描写。

己の原子を巡る旅を自由に行き来する。

開催日:2022年12月10日(土)〜2023年2月26日(日)【土日のみ開催】

11:00~19:00

(12/17.31.1/1.2/5は休廊)※平日予約制

*12月10日(土)17:00~19:00 オープニングレセプション

会費 ¥1000

※新型コロナウイルス感染症対策にご協力願います。

場所:楽研サロン

(福岡県福岡市博多区上川端町9-35 冷泉荘A33号)

【アクセス】

福岡市営地下鉄中洲川端駅5番出口より徒歩5分

西鉄バス川端町博多座前徒歩5分

冷泉公園と川端商店街の間の細い路地に入る

※駐車場はありません。

https://www.reizensou.com/access/

> google map

Ask & Information → Instagram @inaguchimanzo.art

ぜひお立ち寄りください。

〜作家紹介〜

稲口 マンゾ

1978年生まれ 福岡出身

物心ついた時から筆をとる。

「描く」ことは常に生活の一部にあった。平面から立体、仕掛け物と様々な様式を模索。

「描く」だけにとどまらず、自身のアトリエ建築や演劇での身体表現等、表現の枠は分野を問わず、縦横無尽な拡がりをみせる。

特に近年、その奇異な存在感が映像世界でも注目され、バイプレイヤーとして映画等で活躍。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする