【終了】黒田恵枝 “Current Location”[九州芸文館アーティスト・イン・レジデンス サテライト企画展]

九州芸文館アーティスト・イン・レジデンス

アーティストが国や文化の違いを越え、異国の地域社会に身を置き、異なる文化や歴史の中で、

暮らしや人々との交流を通して発想し、滞在制作を行います。

市民はアーティストの制作現場に立ち会い、地域の文化振興に参加しています。

九州芸文館は芸術と人との交流を紡いでいます。

今季はコロナ禍によって海外作家招聘と国内作家の海外派遣を中止し、九州芸文館にて国内作家の交流事業を行う事となりました。

昨年までに韓国・釜山のHongti Art Centerへ海外派遣した2名の作家を九州芸文館に招聘し、滞在制作を行います。

現在、本拠地に滞在している2名の作家は3月16日からスタートする滞在制作の成果展にさきがけて福岡市内の博多・天神大名の2ヵ所同時に展覧会を実施し、九州芸文館アーティスト・イン・レジデンス滞在作家を多くの方に知っていただきたいと願っています。

黒田 恵枝 “Current Location”

日時:2021年3月4日(木)〜3月10日(水) 10:00~17:00

場所:ギャラリー港民館

(福岡県福岡市博多区上川端町9-35 冷泉荘A-32)

【アクセス】

福岡市営地下鉄中洲川端駅5番出口より徒歩5分

西鉄バス川端町博多座前徒歩5分

冷泉公園と川端商店街の間の細い路地に入る

※駐車場はありません。

http://www.reizensou.com/access/

※観覧無料

【詳細】http://www.kyushu-geibun.jp/main/5168.html

黒田 恵枝 (※2019年度 韓国・釜山派遣)

使われなくなった衣類を主な素材として、ぬいぐるみや人形、彫刻などの立体造形の概念を横断する創作形態に取り組み、空想の生き物の立体シリーズ『もけもけもの』や、素材の衣類を用いたインスタレーション、ミュージックビデオへの作品提供等その活動は多岐に渡ります。

福岡県生まれ

2010 多摩美術大学美術学部情報デザイン学科情報芸術コース卒業

●個展

2020「Current Location」/Space9, ソウル , 韓国

2020「현 위치 Current Location」/Hongti Art Center, 釡山 , 韓国

●グループ展

2020 Brillia Culture Spice / 上野の森美術館 , 東京

2019 種子島宇宙芸術祭 2019 / 種子島 , 鹿児島

2019 六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2019 / 六甲山 , 兵庫

●アーティスト・イン・レジデンス

2020 MATSUDO”QOL”AWARD /PARADISE AIR, 千葉

2020 九州芸文館と釡山文化財団国際交換レジデンスプログラム / Hongti Art Center 釡山 , 韓国

● 受賞

2019 六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2019 奨励賞

2017 SICF18 審査委員栗栖良依賞

Webサイト:kurodayoshiemokemo.wixsite.com/artwork

Instagram:www.instagram.com/yoshiekuroda_art/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする