Cotomono Exhibition「296式 FUKUROsiki」

「一二三四五六七八九十・ひふみよいむなやこと」をモチーフに、オリジナルテキスタイルで作った風呂敷のような、袋のような「296式」。その他、まとう、かぶる、など日本語の動詞にインスピレーションを受けた布ものをたくさん作りました。型をゆるめて自由に使ってみてください。

日時:2022.8.17(水)〜21(日)

12:00〜19:00

場所:テトラグラフ写真室

(〒812-0026 福岡市博多区上川端町9-35 冷泉荘A51号)

TEL:092-282-0533

instagram.com/tetragraph_photoroom

Cotomono:今村素子 Motoko Imamura

自分の名前を逆さまにもじり、Cotomonoという名で2003年からものづくりをスタート。”coto”は「言葉」や「ひとつ」、”mono”(もの)は「全体」「すべて」という意味があります。街角の小さなカフェからデパートの催事、また海外のアートギャラリーまで様々な場所で展示会の旅を続けています。主に布を使ってふくろ状のカタチを作っていますが、カタチを作りながら同時に「型」をゆるめるようなイメージで作っています。2021年5月より神戸市在住。

cotomono33.base.shop

instagram.com/cotomonomotoco

cotomonomonoco@gmail.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする