【終了】冷泉荘屋上 夕涼み会

築61年、5階建ての冷泉荘をあがっていくと、ぱっと開けた屋上!この気持ちよさを、たくさんの方に知っていただきたいと思い、最も気持ちよいであろう夏の終わりに夕涼み会を開催いたします。

FUKUOKA ART NINJA特製の新作ランタン・ツリーのあたたかな灯明を楽しんだり、屋上卓球で交流をしたり。

ぜひお気軽にお集まりください。

■開催日時:2019年9月6日(金)18時〜21時

※雨天の場合は9月7日(土)へ順延

■会場:冷泉荘屋上

(福岡県福岡市博多区上川端町9-35)

【アクセス】

福岡市営地下鉄中洲川端駅5番出口より徒歩5分

西鉄バス川端町博多座前徒歩5分

冷泉公園と川端商店街の間の細い路地に入る

※駐車場はありません。

http://www.reizensou.com/access/

■参加費:無料

■持参していただくもの:食べ物一品(1,000円目安)

[内容]

●FUKUOKA ART NINJA「ランタン・ツリー」点灯

●屋上卓球大会

●じゃんけん大会

●線香花火大会 など。

※18時半にみんなで乾杯をします!間に合う方はそれまでに飲み物を準備してお越しください。

※ドリンクは冷泉荘A33号Western BAR VAQUEROにて購入いただけます

※飲食物の持ち込みは自由です

※途中参加、途中退出は自由です

■申込み:申込み:WEBイベントページ申込みフォームから、またはfacebookページの参加ボタンよりお申込みください。

申込みフォーム https://www.space-r.net/event/reizenyusuzumi

facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/347692552832083/

■主催:株式会社スペースRデザイン/吉原住宅有限会社

FUKUOKA ART NINJA

「燃えない紙袋で、Paper Lantern Tree ペーパー・ランタン・ツリー」

写真:ランタン・ウォール 2018年12月30日 太宰府市観世音寺での設置の様子

2018年10月にお披露目した、ランタン・ウォールの革新版「ペーパー・ランタン・ツリー」の試験点灯を行います。

ろうそくが灯る紙袋をひな壇状にならべ、それを円錐形に配置して、高さ約2メートルのツリーを出現させます。今回はなんと、燃えない(=延焼しない)紙袋の登場です。

安心感、安全度を増して、暖かく揺れるろうそくの炎たちをゆっくり味わいにいらしてください。

企画・制作: FUKUOKA ART NINJA

お問合せ:FUKUOKA ART NINJA konnichiwa@fukuokaartninja.com

ランタン・ツリーに込める想い

ペーパー・ランタン・ツリー、ランタン・ウォールは、これまで博多の秋の風物詩「博多灯明ウォッチング」の地上絵制作に長く関わってきた、FUKUOKA ART NINJAこと徳永昭夫が、「その技術を高めていったら、どんな作品ができるだろう?」と取り組んできたひとつの到達点です。

地上絵の作品は高いところから観る視点があるとより楽しめます。

ランタン・ウォールもツリーも、ランタン(紙袋による灯明)を立面状に設置して間近に近寄って鑑賞することを目標にしています。さらに、密集する紙袋が延焼しないように、紙袋に難燃加工を施すことに成功し、安心感を増大させ、防災効果を飛躍的に向上させました。

ただ、これはまだ技術のお披露目に過ぎません。この技術にストーリーやコンセプトが備わったときに、きっと「作品」と呼べるものに少しずつなっていくと思います。そしてこの技術がより広く世に出ていくには、私一人では力不足です。どんな楽しみ方が生み出せるのか、みなさんのご意見、アイデアをお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする