【終了】装飾古墳―タニグチ ダイスケと巡る絵のある古墳―

あなたの近くにある原始美術。

私にとって初めての装飾古墳は、竹原古墳(若宮町、現在の宮若市)でした。古墳内部の壁画を見て「絵のある古墳もあるんだなぁ」程度の感覚でした。しかし、その後手探りで古墳巡りを続けていく中で、装飾古墳の貴重さ・内に秘めた魅力の凄まじさに圧倒されていきました。今回の展示では、特に北部九州に存在するものを厳選しております。残念ながら、今では保存のため見学出来ないものや退色・剥落し失われたものも含まれていますが、貴重な原始美術が「あなたの身近な場所に眠っていること」を、知っていただければ幸いです。

日時:2014年8月22日(金)〜8月24日(日) 11:00〜19:00

場所:リノベーションミュージアム冷泉荘B棟1階 冷泉荘ギャラリー

〒812-0026 福岡市博多区上川端町9-35、冷泉荘へのアクセスはこちら→ http://www.reizensou.com/access/

イベント:最終日24日の17時よりクロージングイベントを行います。

●プロフィール

タニグチ ダイスケ

1981年、神奈川県生まれ。大学にて考古学を専攻。古墳や遺跡巡りを目的としたバイクによる日本一周などを経験し、それらの撮影をライフワークとしている。

タニグチ ダイスケ(FB)

e-mail:1423475101@jcom.home.ne.jp

e-mail(モバイル):skytrekker.ncc-74210@softbank.ne.jp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする