【終了】ジャズワークショップ「話すように演奏する」in 福岡 vol.2

「話すように演奏する」 ということ。

こどもが母国語をゆっくりと覚えるように、大人が工夫をしながら

外国語を学ぶように、その両方から音楽を理解し応用できたらいいなと。

せっかく音楽で話すなら、面白く、興味深く、時に笑ってもらえるような会話をしたい!そんな思いからこのワークショップを始めました。

今までに東京で3回開催してきた「話すように演奏する」ですが、5月8日に初めて福岡で開催したところ予想以上に反響がありましたので、すぐに2回目の開催を決めました。

前回は「ジャズとなにか」「単語の使い方」あたりを中心にお話ししましたが、今回はそれらを具体的に表現するために必要な基礎部分である理論的な背景を「王様と王子様で学ぶ音楽理論」とともにお話ししたいと思います。

「理論てよくわからん!」「どう使えばいいの?」という方、是非ご参加ください!

よくあるコード進行をJazzyに聴かせるコツが、表面的ではなくしっかりと芯から理解できるようになるはずです。

日時|2018年6月12日[火]開場19:00/開演19:30

会場|アトリエ穂音

(福岡県福岡市博多区上川端9-35 冷泉荘A31)

【アクセス】

福岡市営地下鉄中洲川端駅5番出口より徒歩5分

西鉄バス川端町博多座前徒歩5分

冷泉公園と川端商店街の間の細い路地に入る

※駐車場はありません。

http://www.reizensou.com/access/

料金|2500円(ドリンク付き)

出演|イシイタカユキ(ギター&解説)

予約|下記メール窓口かFacebookイベントページから受付致します

<予約メール窓口>

ticket@tsumiki-code.com

件名を「6/12ジャズワークショップ」として

1,お名前

2,人数

3,ご連絡先(電話&メール)

を記入の上ご送信ください。

こちらから確認メールを送信させて頂きます。

なお、携帯で受信される方は、

PCメールが拒否設定されていないかご御確認ください。

Facebookイベントページからの参加表明も受け付けております!

https://www.facebook.com/events/184464128941540/

︎ワークショップの内容(予定)

◎王様と王子様で学ぶ音楽理論

◎吉本新喜劇的セカンダリードミナント

◎音楽の三要素から考えるジャズ

◎会話に必要な4つの能力、から分析力

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする