【終了】はう・くら・とん HOWKURATON (LIVE:Howie Reeve、倉地久美夫、とんちピクルス)

日時|2019年8月7日(水)19時半開場/20時開演

会場|アトリエ穂音

(福岡県福岡市博多区上川端町9-35 冷泉荘A31号)

【アクセス】

福岡市営地下鉄中洲川端駅5番出口より徒歩5分

西鉄バス川端町博多座前徒歩5分

冷泉公園と川端商店街の間の細い路地に入る

※駐車場はありません。

http://www.reizensou.com/access/

出演|Howie Reeve、倉地久美夫、とんちピクルス

料金|予約2,500円/当日2,800円(1ドリンク付)

[予約]

とんちピクルスライブ予約センター

http://form1.fc2.com/form/?id=451627

Howie Reeve

スコットランドグラスゴー出身。多くのバンドで演奏した後、現在はアコースティックベースの弾き語りというスタイルで各国を旅している。パンク、前衛フォーク、フリージャズを素地に繰り広げられる彼の音楽は、アンプラグド・パンクと呼ばれている。

https://howiereeve.bandcamp.com

倉地久美夫

1979年/甘木中学校舎火事のさい打楽器オルガン等数種を盗み,以後多重録音音楽製作を行う。

関東にて漫画・舞踏~宅録と自身のバンドでライブなど。

近年は福岡県で弾き語りを中心に、外山明、菊地成孔、波多野敦子ら共演等国内で行う。

02年第2回詩のボクシング全国大会優勝

11年倉地を追ったドキュメンタリー映画「庭にお願い」公開

8枚のアルバムを発表

最新作は15年CD『いいえとんでもございません』

http://hirunohikari.com/kurachikumio.html

とんちピクルス

福岡在住の松浦浩司によるソロユニット。ウクレレの弾き語り、自作のバックトラックにのせてラップなど奔放なスタイルで人生のわび、さびを歌い上げる。淋しい歌からエロい歌まで、人形メンバーと繰り広げられるステージは、夜の大人の学芸会といった趣。

公的音源としてCD「とんちピクルス」、レコード「RECODAS」、「夫婦げんか/弟よ」発表。

ウクレレとiPodを携え各地を旅しながら人間の本質にせまる詩人でもありエンターテイナーである。その楽曲は多くのミュージシャンにカバーされている。

http://happy.ap.teacup.com/tonchi/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする