【終了】「第三回 ふくらく〜林家はな平独演会〜」 はな平、福岡で春を語る。

ふくらくシリーズ三回目の今回も「はな平独演会」です。

前回は「明烏」という廓噺で、はな平が一番やりたい噺をやらせて頂きました。落語のネタには季節限定の物があります。日本にしかない四季折々の噺で、その時期にしか聴くことは出来ません。今回はそんな季節ネタの中から、春の噺を聴いて頂きます。

正岡子規の有名な句に「銭湯で上野の花の噂かな」というのがあります。昔は、花と言ったら桜のことだったようです。お湯に浸かりながら、上野の花見の話をみんなでワイワイしたのでしょう。「長屋の花見」はその名の如く、みんなで花見に行く話です。ところがこれがただの花見じゃないという、ご期待下さい。春は恋の季節でもあります。そんな季節の若旦那の恋模様を描いた「崇徳院」もお楽しみ下さい。

■日時: 2017年3月18日(土)14:00開演

■場所:リノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1階 2コ1多目的スペース

(福岡県福岡市博多区上川端町9-35)

【アクセス】

福岡市営地下鉄中洲川端駅5番出口より徒歩5分

西鉄バス川端町博多座前徒歩5分

冷泉公園と川端商店街の間の細い路地に入る

※駐車場はありません。

http://www.reizensou.com/access/

■出演:林家はな平「崇徳院」「長屋の花見」ほか

■料金:前売1,500円 / 当日2,000円

【お問い合わせ】

oasis.hanahei@gmail.com

070-3257-5473

■詳細:林家はな平 はなサイト https://www.hanahei.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする