【終了】秋の終わりのピアニッシシモ(ppp) 〜only one night SHOW〜 [アトリエ穂音]

日時:2012年11月7日[水] 19:30開場/20:00開演
会場:冷泉荘B棟1階(福岡市博多区上川端町9-35)
料金:予約2,500円/当日3,000円
共に1ドリンク別途 ドリンクはcoffonが出店です

出演:永山マキ/イシイタカユキ/永見行崇/宮川剛/zerokichi

◎問い・予約 薬院レコード info@yakuin-records.com

冷泉荘 http://www.reizensou.com/
薬院レコード http://www.yakuin-records.com/

●永山マキ (vocal)

モダーン今夜、ソロ活動の他、コンピレーションCDの参加、JR東海、ネスカフェ等TVCMソングの歌唱、ナレーション、作曲、ファッション雑誌コラムを手がけるなど、その活動は多岐にわたる。2011年8月に福岡に移住。

●イシイタカユキ(guitar)
ボストンのバークリー音楽大学、ニューイングランド音楽院にて学び、帰国後はジャズを中心に、クラッシックからJPOP、CMソングからディズニーまで、あらゆるジャンルで活躍。現在はギタリスト、バンド活動と並行して、石井ジャズギター教室主宰、ギター教則本の執筆、ATN(出版社)のスーパーヴァイザー兼、翻訳・監修者としても活動している。

●永見行崇(piano/ percussion)
鍵盤奏者でありながら、セネガルの民族打楽器「サバール」をはじめとする様々な打楽器もプレイする稀有なプレイヤー。アジア、アフリカ、ブラジル、中南米等の民族音楽にも造詣が深く、現地の音楽家達からの信頼も厚い。日本的な情景を映し出す幻想的な旋律、独特な“間”と優しい響きに満ちたプレイは高い評価を受けている。また、コンピューターを駆使した音楽製作にも力を入れ、映画、ラジオ番組、海外のコンピレーションアルバムへの曲提供なども積極的に行い、活動の場を多方面に拡げている。

●宮川 剛(percussion)
九州芸術工科大学在学中より藤山英一郎、原田迅明氏に師事し、ジャズドラマーとして活動開始。Small Circle of Friends、cryff in the bedroom 、忌野清志郎 & NICE MIDDLE WITH NEW BLUE DAY HORNS のドラマーを経て、数々のアーティストのレコーディング、ツアーに参加。2007年8月、宮沢和史率いる GANGA ZUMBA(ガンガズンバ)に正式加入。パーカッショニストの今福健司、マルコス・スザーノと共に強力なグルーヴでバンドの屋台骨を担う。またパンデイロでは、エフェクターを駆使した奏法の日本第一人者であり、数々のバンドで活躍中。

●zerokichi(ukulele)
ウクレレを相棒に、カフェ、ギャラリー、美容室、旅館、酒蔵など空間や人との出会いを大切に演奏活動を行う。ソロの活動の他、トイピアノとのデュオやベースとのデュオ、トリオ編成なども。またノコノコロック、ウクレカレー、火曜ウクレレ劇場、唐津麦庭などのイベントもワルダクミ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする