【パネル展】タイムスリップ・リノベーション(2003~2019) [れいぜん荘ピクニック2019]

2003年、福岡で初ともいわれる賃貸住宅のリノベーションに取り組んだ 吉原住宅(ビル経営会社)のビル再生・リノベーション事業部。 私たちスペースRデザインはその精神を受け継ぎ、 “既存の要素を壊すのではなく、良さを評価した上で必要なモノを付加していく” そんな行為を繰り返しながら、今も新しい発想を持ってデザインに取り組み続けています。

今回はリノベーションの「デザイン」と「時代」にフォーカスし、 リノベーションデザインの変遷と、私たちが関わらせていただいた物件におけるデザインの変遷をパネル展で表現します。 2003年から2019年現在に至るまで、どんなデザインの変遷があったのか。

当日、れいぜん荘ピクニック&あおぞら市を開催中のリノベーションミュージアム冷泉荘。 ちょっとした休憩スペースもご準備する予定です。 募集中の地下空間A101を使ったパネル展をお楽しみください。

2003年,最初のリノベーション部屋  /山王マンション205号室

2019年3月,リノベーション /カメリア小笹203号室

日時:2019年7月21日(日)11:00〜17:00

会場:リノベーションミュージアム冷泉荘A101

(福岡県福岡市博多区上川端町9-35)

【アクセス】

福岡市営地下鉄中洲川端駅5番出口より徒歩5分

西鉄バス川端町博多座前徒歩5分

冷泉公園と川端商店街の間の細い路地に入る

※駐車場はありません。

http://www.reizensou.com/access/

(冷泉荘A101号室紹介ページ)

https://www.space-r.net/rent/reizensou/a101

お申込み:不要

(当日、冷泉荘A101号室にお越しください。ご自由にご覧いただけます。)

お問合せ:スペースRデザイン[092-720-2122][yj@tenjinpark.com]

【詳細】https://www.space-r.net/event/timeslip20190721

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする