【終了】音楽家・松本一哉による福岡の音楽会

reizensou_fin

kazuya_flyer_ura

昨年末、日本のミニマル・ミュージックレーベルの名門「SPEKK」より発売されたファーストアルバム「水のかたち」が国内外で大きな反響を呼んでいる松本一哉。

そのリリースツアーイベントを福岡 冷泉荘にて開催します。

■日時:2016年5月14日(土) 開場 19:00/開演 19:30

■会場:冷泉荘 B棟1階

(福岡県福岡市博多区上川端町9-35)

【アクセス】

福岡市営地下鉄中洲川端駅5番出口より徒歩5分

西鉄バス川端町博多座前徒歩5分

冷泉公園と川端商店街の間の細い路地に入る

※駐車場はありません。

http://www.reizensou.com/access/

■出演:松本一哉、duenn

■料金:1,500円(ドリンク持ち込み自由)

【ご予約・お問い合わせ】

092-985-4562(冷泉荘事務局)

mail@horhythm.com

松本一哉

東京を拠点に活動している、石川県出身の打楽器奏者。

伝統芸能や繊細で美しい美術工芸品を文化とする金沢で生まれ、自然の生み出すスケールと暮らしに息づく伝統から得たインスピレーションを自身のフィルターを通し音像へと落とし込む事で伝統と先進を意識した音楽表現をしている。銅鑼・シンギングボウル・クリスタルボウルなどの倍音を多く含んだ打楽器を中心に、波紋音・音のかけら・陶琴壺・三味琴などの音具・工芸品・自然物・非楽器などの音の鳴るオブジェクトを使用。音階や戦慄ではなく音の響きそのものに重きを置き、自然の中での演奏・録音から作品作りを行い、一般的な音楽感からは逸脱したとしても、価値観や美意識に共鳴してくれる人や世界に音を届け続けることを自身のライフワークとしている。

2013年 瀬戸内国際芸術祭の関連事業「おとくち」プロジェクトにてグランプリを受賞

2014年 原始感覚美術祭2014 水のうたがきの音楽担当

2014年 演劇ユニット バストリオ 舞台『ALice, where are you going?』に出演・舞台音楽を担当

2015年 自身初のソロ作品『水のかたち』をSPEKKからリリース

2016年 坂本龍一を中心とした音楽レーベルcommmons主催の「健康音楽」に出演するなど、多岐にわたり活動中

http://www.horhythm.com

image1

duenn

 福岡在住。カセット主体のリリースを展開する音響レーベル<DUENN>主宰。自身もduenn名義でRoland SP-404SXなどのミニマムな機材でどこまで表現出来るか追求。2015年2月に山口市「YCAM」で行われたNyantora、Hair Stylistics、duennの3人によるライヴ・セッションの音源が『YCAM LIVE』として<SAD>から2016年2月25日リリース。

http://duennjp.tumblr.com

波紋音(はもん)

鉄製の打楽器・波紋音は、古くからあるものではなく、現代の彫刻家、斎藤鉄平さんが水琴窟の音に触発され、創作したものです。鉄を鍛金で丸くし、打面に溶断でスリットが入れられていますので、一つの波紋音からいくつもの音が出る仕掛けになっています。ごくシンプルな構造でありながら見た目の印象とは違い、驚くほど様々な音の表情を見せてくれます。鉄とは思えない独特の柔らかい響きや波動を、是非この機会に間近で体感してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする