【終了】ニットキャップシアター「男亡者の泣きぬるところ/女亡者の泣きぬるところ」

男も女も、この世の憂さを泣きっぱなしの二人芝居。二本立て上演。三都市公演!

2018 – 2019 Osaka / Fukuoka / Tokyo

■あらすじ

男亡者の泣きぬるところ

エレベーターに閉じ込められた二人の男。

偶然乗り合わせた二人のはずが、

隠された秘密が次々と明らかになり……

──2004年の初演以来、

劇団内外/国内海外問わず、

各地で上演されている大人気コメディ。

男の悲哀にむせび泣く、

シーソーゲームの幸せ残酷劇!

女亡者の泣きぬるところ

舞台は一人暮らしの女の部屋。

朝。携帯電話が鳴っている。

それをじっと見つめている女。

その顔は苦痛にゆがんでいる。

インターホンがなる。女は起きる。だが返事はしない。

再びインターホンがなる……

──2017年初演。なんとか幸せになろうともがく女の二人芝居。

泣いて笑って最後はどっち?

今だから観たい、現代亡者録!

■キャスト・スタッフ

作・演出

ごまのはえ

出演

『男亡者の泣きぬるところ』 門脇俊輔 澤村喜一郎

『女亡者の泣きぬるところ』 高原綾子 仲谷 萌

スタッフ

舞台美術・小道具:仲谷萌 | 音響操作:池川タカキヨ | 音響協力:三橋琢 | 舞台:澤村喜一郎

絵:竹内まりの | 書:新子心華 | 宣伝美術:門脇俊輔 | 制作:高原綾子、門脇俊輔、池川タカキヨ、Q’s link[福岡公演]

協力:渡辺佳奈、山口良太(slowcamp)、一般社団法人毛帽子事務所

企画・製作・主催:ニットキャップシアター | 京都芸術センター制作支援事業

公演情報

福岡

■日時

2018年

6/12[火]19:30

6/13[水]19:30

6/14[木]13:00 / 17:00

※受付開始・開場は開演時間の20分前より。

※上演時間は2本立てで合計約2時間を予定。

■チケット

2,800円 (当日券は+500円/全席自由)

■ご予約

・福岡公演チケット予約フォーム

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e8464b7d568666

■会場

リノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1階 2コ1多目的スペース

(福岡市博多区上川端町9番35号)

[アクセス]

福岡市営地下鉄「中洲川端駅」5番出口より徒歩5分。

西鉄バス「川端町博多座前」より徒歩5分。

冷泉公園と川端商店街の間の細い路地に入る。

※駐車場はありません

http://www.reizensou.com/access/

■お問合せ

ニットキャップシアター

Tel:090-7118-3396(劇団)

E-mail:info@knitcap.jp

劇団ウェブサイト http://knitcap.jp

【大阪・東京でも開催】

大阪

■日時

2018年

6/1[金]19:30

6/2[土]14:00 / 18:00

6/3[日]13:00 / 17:00

※受付開始・開場は開演時間の20分前より。

※上演時間は2本立てで合計約2時間を予定。

■チケット

2,800円 (当日券は+500円/全席自由)

■ご予約

・大阪公演チケット予約フォーム

https://ssl.form-mailer.jp/fms/ed143b6c566751

会場

イロリムラ プチホール (大阪市北区中崎1丁目4番15号)

地下鉄谷町線「中崎町駅」1番出口より徒歩2分。

北野病院方向(南方向)へ。JR環状線の高架手前、セブン-イレブンの角を高架に沿って右に入りすぐ。

※JR環状線高架番号89番

東京

■日時

2019年 3月27日[水]~31日[日](予定!)

■会場

こまばアゴラ劇場 (東京都目黒区駒場1-11-13)

京王井の頭線「駒場東大前」駅 東口より徒歩3分。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする