【終了】官兵衛の夜た話第四夜『平成の戦国ビジネス生き残り大作戦~戦国ブランドから見る黒田官兵衛生き残りの可能性』

官兵衛の夜た話(全10話) 第四夜 6月15日(日)

『平成の戦国ビジネス生き残り大作戦~戦国ブランドから見る黒田官兵衛生き残りの可能性』

ゲスト:もののふ田中(戦国ブランド・もののふ主宰

———————————————————————–

四夜目の夜た話は、今年10年目を迎える戦国ブランドのパイオニア・もののふ主宰の田中さんにご登場して頂きます。

戦国グッズの企画、制作、販売という、コアなお仕事の裏には、「えー!?」「そうなんだ!」と言わずにはいられない、携わった人にしかわからない膨大な苦労話や成功談があり、歴史ファンでない人が聴いても面白い、歴史ファンが聴いたらもっと面白い内容です!

2016年の大河ドラマが三谷幸喜氏の脚本による「真田丸」に決定しましたが、現代の戦国武将の隆盛を10年間見つめてきたもののふ田中さんに、大河ドラマ『軍師官兵衛』放送後も黒田官兵衛が人気武将として生き残る可能性をお話しして頂きます。

◆戦国好きによる、戦国好きのための戦国武将グッズ専門のデザインブランド“もののふ”

http://www.mononofu.net/brand.htm

【もののふ田中さんご紹介】

戦国ブランドもののふ主宰。NPO長崎iA3事務局長、長崎市伊王島地域おこし協力隊。

幼少より歴史に興味を持ち、会社員時代に国立博物館で目にした変わり兜の美しさに衝撃を受ける。

会社員とブランド経営の二足のわらじを経て、戦国武将の精神性や、変わり兜の美しさを現代的にデザインした戦国ブランド【もののふ】を立ち上げる。新宿三丁目に立ち上げた戦国グッズ専門店「もののふ天守」はメディアから200件近くの取材をうけ、戦国歴女ブームの火付け役となった。

新進気鋭の若手クリエイターや人気漫画家から伝統工芸まで、様々な分野と人を巻き込み、今やグッズのみならずツアーや地域振興など、“歴史”を切り口に様々な分野で活躍しています。

◆“もののふ”ブランドポリシー

一、「もののふ」ブランドによる『日本の武の美』を世界へ発信。

一、伝統工芸と現代的デザインの融合 伝統工芸職人・クリエイターとのコラボレーション

一、戦国時代・武将に関するものを活用した地域振興プロデュース・日本の活性化

※変更等ございましたら、FBページにて随時お知らせして参ります。

https://www.facebook.com/events/743056845746329/

———————————————————————–

日 時:2014年6月15日(日)18:30~21:00

場 所:冷泉荘 B棟1階 2コ1多目的スペース

福岡市博多区上川端町9番35号  冷泉荘へのアクセスは→ http://www.reizensou.com/access/

料 金:1,000円

お申込:Facebookページ(https://www.facebook.com/events/743056845746329/)より参加ボタンを押して頂くか、メールにてご参加の旨ご連絡ください。

※当日の飛び込み参加もOKです!

お問合:hello@kanvee.com

「官兵衛の夜た話」第四夜 Facebookページ:https://www.facebook.com/events/743056845746329/

主 催:”官兵衛の”実行委員会

後 援:NPO法人 福岡ビルストック研究会

———————————————————————–

☆官兵衛の夜た話 とは・・・

今年の大河ドラマ軍師官兵衛。

秀吉が恐れた。福岡を創った。愛妻家。最強の軍師・・・。

彼を語る切り口が無数にある中、本当におもしろい話だけを集めた全十夜。

官兵衛を深く知り、嫌いになったり大好きになったりする夜です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする