【終了】Film Chain Project 1stシーズン上映会『今は可笑しのおとぎの国』『ほんのわずかの物語』

20分作品の2本の上映と出演者・監督のトークイベントでお贈りします!!

日時:2019年6月22日(土)

当日上映区分

①11:30~12:30

②13:30~14:30

③15:00~16:00

④16:30~17:30

会場:リノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1階 冷泉荘ギャラリー

(〒812-0026 福岡県福岡市博多区上川端町9-35)

【アクセス】

福岡市営地下鉄中洲川端駅5番出口より徒歩5分

西鉄バス川端町博多座前徒歩5分

冷泉公園と川端商店街の間の細い路地に入る

※駐車場はありません。

http://www.reizensou.com/access/

料金
A:【1300円】鑑賞券

B:【5300円】鑑賞券+出演者との交流会参加

(※1交流会は天神もしくは博多付近のお店を予定しております。※2 「B」の申込締切は【6月15日】です。)

①お名前

②ご希望の上映区分①~④

③ご希望の「A」もしくは「B」

をご記入のうえ下記アドレスまでお送りください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

fcp.fukuoka@gmail.com

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

————————————————————————

作品紹介

【今は可笑しのおとぎの国】

桃太郎、竹取物語、浦島太郎、かちかち山など、日本では多種多様な伝説が「おとぎ噺」として語られてきた……

が、これらの「おとぎ噺」には続きがあった。

『環境省 自然環境局 野生生物課【超】希少種保全係 福岡地方出張所』

通称・おとぎ係。

この奇妙な部署の主な仕事は、おとぎ噺の登場人物の『血脈の保全』であった。

そう、おとぎの住人は実際に存在していたのだ。

この物語は、日本の「おとぎ」を守る小さな部署の壮大なお話。

■キャスト

牧みき

栗野直樹 波瀾万丈 東沙耶香 原岡梨絵子

森本都 庄司琴音 佐藤花

■脚本・監督

鶴賀皇史朗

【ほんのわずかの物語】

CM制作大国、福岡。

この群雄割拠の中で、ひっそりと運営する会社があった。

かつては「伝説のCM作家」と呼ばれた「杉本仁志」を擁する、老舗映像制作会社「NAGOMI」。

「NAGOMI」の新入社員・清水啓太もCM制作に情熱を傾ける一人であった。

杉本に教えを請いたいが為「NAGOMI」に入社したのだが、そこに杉本の姿はなかった……

時は平成の終わりがけ。

これは、CMという「ほんの数秒の物語」に情熱を傾ける弱小制作会社の奮闘記。

■キャスト

高見慎一郎

中村公美 手嶋健人 福澤究

恒松千穂 森本都 西田優史

平兮理子 狩生未羽 村枝秋香

■脚本

鶴賀皇史朗

■監督

福澤究


FCPホームページ

http://fcp-fukuoka.blogspot.com

お問い合わせ

fcp.fukuoka@gmail.com


フィルムチェインプロジェクトに興味のある方、参加してみたいという方は、フェイスブックページを覗いてみてください★

https://www.facebook.com/filmchainproject/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする