イベントレポート

れいぜん荘ピクニック2016・秋&あおぞら市、福岡DIYリノベWEEK2016、今回も盛況でした!

2016/11/24

冷泉荘のあちこちすみずみまで堪能できる冷泉荘全体のオープンアパートイベント「れいぜん荘ピクニック」。年に2回のペースで開催しており、2016年2回目を11月6日(日)11:00〜17:00ごろに大人気のマーケットイベント「あおぞら市」と同時開催にて行いました。その翌日には、老朽物件の空間を自らカスタマイズする“DIYリノベ”の楽しさをさまざまな土地・方法で体験できる福岡DIYリノベWEEK2016が開催。冷泉荘をたっぷり堪能したあとは、福岡県内各地でDIYをたのしめる、リノベーションのさまざまな有り様・リノベーションが生み出したコミュニティを堪能できる期間となっておりました。冷泉荘会場は、DIYリノベによって生まれ変わって10年経過した建物。DIYリノベが紡いだコミュニティがどのように展開していくのか、そのひとつの結実した形を体験していただけたのではと思います。

 

さてさて、今回もれいぜん荘ピクニック&あおぞら市の模様を、管理人ツアーをベースに写真で振り返っていきます。今回、れいぜん荘ピクニックやDIYリノベWEEKに参加できなかった。。。という方も、冷泉荘をぐるっと見学する気分を感じていただけますとうれしいです!

 

 

 

_mg_1605_s_s_mg_1592_s_s_mg_1715_s_simg_0898_s_s_mg_1716_s_s_mg_1613_s_s

 

 

管理人ツアー、まずは冷泉荘前に集合。冷泉荘前では、あおぞら市の開始直前に出店者全員集合でのミーティングが行われて、恒例の集合写真をパチリ。冷泉荘前は、受付ブース、大名にある天神パークビル1階のエントランス・カフェの出張販売、あおぞら市の会場となっておりました。

 

 

_mg_1667_s_s_mg_1672_s_s_mg_1617_s_s_mg_1609_s_s

 

 

まずはいきなり裏庭に抜けて、冷泉荘の裏側を見学。。。(す、すみません写真撮り忘れました)

元・共有浴場の話やその後に設置された各部屋のユニットバスの話、その当時の煙突をそのまま残していることや、株式会社MBSさんにお願いした外壁改修工事の話、冷泉荘が「いかに古さをそのまま残すか」ということを大切に考えているという、冷泉荘の根幹となる考え方を紹介。

 

そのあとに、A棟1階のリル・ベーグルさんを通って、10月より入居いただくこととなった株式会社ひびきの電子さんをお訪ね。ひびきの電子さんは、九州工業大学発のベンチャー企業で、人感など各種センサや電子回路、スピーカーなどを扱われている会社さん。冷泉荘では、アート分野や伝統工芸などコラボレーションの拠点としてご利用いただいております。今回のれいぜん荘ピクニックでは、フラットパネルスピーカーや超指向性スピーカー、急冷急暖が可能な特殊な素子を実演していただいておりました。ぼくは九州芸術工科大学の音響設計学科出身で、藤枝守教授のもとでフラットパネルスピーカーなど音響機器をサウンドインスタレーション作品に使用する現場に関わっていたこともあり、誰よりも僕が興味津々でした!超指向性スピーカーはなかなか体験できないのでとても貴重な機会でした!

 

 

_mg_1675_s_mg_1723_s_mg_1678_s_s_mg_1677_s_s_mg_1619_s_s_mg_1680_s_s_mg_1681_s_s_mg_1744_s_s

 

 

A棟1階は、A12号の冷泉荘事務局はあおぞら市の会場に。4店並んでいます。隣のA13号 冷泉荘不動産は、冷泉荘不動産がプロデュースするシェアハウス「茶山ゴコ」の入居者さんが大集合。多肉植物に釣り竿、アクセサリー。。。茶山ゴコの魅力がたっぷり感じられるお部屋に!冷泉荘不動産がいったいどういう活動をしているのか、冷泉荘不動産が育んているコミュニティをまるっと体験できちゃうお部屋となっておりました。

 

A棟2階にあがって、A21号 シェアオフィス「引力の間」。引力の間メンバーのハッピネス旅行社さんが、バリで買い付けてきたかわいいアイテムを展示販売。映像制作会社のグループ現代さんは、ちょうどKBCシネマにて新作映画「人情噺の福團治」公開中でしたが、少し宣伝もかねて冷泉荘に駆けつけていただけました。ひびきの電子さんは引力の間にも入居いただいておりますが、今回は1階に常駐されておりました。

 

 

_mg_1685_s_s_mg_1621_s_s_mg_1622_s_s_mg_1687_s_simg_0860_simg_0856_simg_0852_simg_0851_s

 

 

A22号ソニ韓国語教室さんでは「韓国料理ランチ&韓国語でおしゃべり」が開催。ちょうどお食事タイムと後片付けタイムにお伺い。ソニさん、れいぜん荘ピクニック開催の数日前にアイランドキッチン設置の工事をされており、まさに新装オープンのタイミング。教室の生徒さん向けに、韓国語だけでなく韓国料理も学んでいただける教室へと変わりました。キッチンがとってもかっこいいです!

 

A31号アトリエ穂音さんは、今回はタイミング合わずいらっしゃらなかったのですが、管理人ツアーでのみお部屋を見せていただけました。今年でアトリエオープン10周年となる穂音さん。ほっこりあたたかな空間です。A41号田中勇気博多人形工房さんは、すぐ近くのはかた伝統工芸館に工房の荷物をまるっと移動して出張工房を開催されておりました。

 

 

img_0995_s_s img_0990_s_s img_0963_s_s

 

 

A棟階段では、A42号FUKUOKA ART NINJA・徳永昭夫さんが特別展示「階段室でつながる椅子たち」を開催中。A棟の階段1階〜5階までの間に釣り糸が渡され、さまざまな椅子が冷泉荘の階段内に自由に浮かんでいます。昨年の冷泉荘ギャラリーでの徳永昭夫さん個展「椅子と空間」展に続く、椅子と空間をテーマにした展示です。

 

 

_mg_1749_s_s_mg_1688_s_s_mg_1628_s_s_mg_1624_s_s_mg_1759_s_s_mg_1698_s_s_mg_1633_s_s_mg_1635_s_s_mg_1636_s_s_mg_1700_s_s_mg_1761_s_s

 

 

A棟5階では、テトラグラフ写真室さん。熊本の震災支援のイベントで、時々開催されているベランダカフェをピクニックでも開催していただいておりました。気軽に出入りできるベランダはA棟5階だけで、特にテトラグラフ写真室さんのベランダはとってもいい感じです!(ベランダカフェはときどき開催されておりますのでぜひテトラグラフ写真室さんのFacebookページをチェックしてみてください)

 

お隣のA53号信濃設計研究所さんでは、信濃さんがリノベ相談会を実施中。信濃さんが設計されたこれまでの建築のお話や、山王マンションでデザインされたリノベーションルームの紹介、実際に設計した体験をもとに分析したリノベーションの歴史など、リノベーションについてたっぷり教えていただきました。

 

屋上を通って、B棟へ。B棟5階の冷泉復元部屋は、あおぞら市の会場で、占いの部屋となっておりました。占いの合間をぬって、復元部屋にしか残っていない日本最初のころのユニットバス「ほくさんバスオール」をみたり、掃き出し口をみたり。

 

 

_mg_1640_s_s_mg_1705_s_s_mg_1703_s_mg_1706_s_mg_1644_s_s_mg_1646_s_s_mg_1648_s_s_mg_1711_s

 

 

B棟は、2階のまちづくり屋さんとshoe lab noppoさんにお訪ね。まちづくり屋さんは、普段はまちづくりのアイディアやイベント企画など地域政策企画サポートをされておりますが、れいぜん荘ピクニックのときには「◯◯屋さん」へと毎度姿を変えます。これまでに、服作り屋さんやアクセサリー屋さん、呪い屋さんなどさまざまに変わっておりますが、今回は「仏づくり屋さん」!仏画や仏像にまつわる逸話などが展示されておりました。まちづくり屋さん・池田さんの知識と造詣の幅の広さにいつも驚きと、新たな物事への興味が掻き立てられます。

 

B24号shoe lab noppoさんでは、革のブレスレット/ストラップのワークショップが随時開催されておりました。ワンコインで素敵なブレスレットが!!ぼくも作りたかった。。。shoe lab noppoさんは、靴づくりの教室/オーダーシューズの工房ですが、ランプシェードやプラントハンガーなどワークショップもときどき開催されております。ぜひshoe lab noppoさんのサイトをチェックくださいませ!

 

 

_mg_1725_s_mg_1663_s_mg_1662_s_s_mg_1657_s_s_mg_1654_s_s_mg_1726_s

 

 

B棟1階 2コ1多目的スペースは、レンタルスペースです。イベントの規模や内容によって広さを変えて、手頃な料金でご利用いただける空間です。冷泉荘の耐震改修工事を行ったときに、もともと2部屋だった部屋の壁を取り除き、2コ1にした空間です。今回は、あおぞら市のメイン会場に!たくさんのお店が所狭しと並んでいます!

 

 

これにて、冷泉荘を1周!今回は見学できなかったお部屋もありますが、およそこれが冷泉荘の姿です。

今回は約400名の来場者。ありがとうございます!

次回のれいぜん荘ピクニックは、春〜初夏に開催予定です。また管理人とまわる冷泉荘ツアーも実施予定ですので、おたのしみに!

 

 

 

img_0930_s_simg_0929_s_s

img_0916_s_simg_0924_s_simg_0920_s_simg_0919_s_s

 

 

福岡DIYリノベWEEK2016では、冷泉荘は普段の姿をみていただける機会となっておりました。管理人のタイミングが合えば、冷泉荘内をぐるりと軽くご案内。

冷泉荘には県外・県内から(主に県外)62名の方がいらっしゃり、冷泉荘ツアー12回と、今回もめいっぱいご紹介いたしました!

冷泉荘以外ではキャンピングカーに壁紙を貼ってデコレーションするWALPAさんのワークショップや、新高砂マンションに新たに登場する清川ロータリープレイスのツリーハウスワークショップなど、福岡・久留米・大牟田・八女・柳川・大川・那珂川町での12会場でいろいろな形に進化するDIYリノベを体験できるイベントとなっておりました。

詳しくは福岡DIYリノベWEEKのFacebookページに超詳細なレポート・写真があがっておりますので、ぜひご覧くださいませ。

 

福岡DIYリノベWEEK

https://www.facebook.com/FUKUOKADIYR/

 

 

 

なお、11月26日(土)には、鹿児島でもDIYリノベ!「DIYリノベweekend Kagoshima★シンポジウム2016」開催です。九州各地に広がるDIYリノベの動き、ぜひ見てみてくださいませ!

 

DIYリノベweekend Kagoshima★シンポジウム2016

https://www.facebook.com/events/340108459665220/


ページトップへ

れいぜん荘ピクニック2016・春&あおぞら市、ずっと雨でしたが賑わいました!

2016/6/12

冷泉荘全体をぐるぐる見て回ることができるオープンアパートイベント「れいぜん荘ピクニック2016・春」を6月4日(土)に開催しました!冷泉荘、気になるけれどアトリエやオフィスでなかなか見て回ることできない〜、行く機会が〜と感じている方にも楽しんでいただけるようなイベントです。高校の学園祭のように各お部屋でいろいろなイベントが開催され、山にピクニックに出かけるように冷泉荘を登ったり降りたり、ピクニック気分で楽しむことのできる全体イベントです。年に2回開催しており、今回は春の部です。

 

今回は九州のクリエイターやお店があつまる「あおぞら市」も同時開催。あおぞら市は以前冷泉荘に入居していただいていた株式会社キュースタさんの企画で、博多阪急や住吉神社での輸入雑貨市などいろいろな場へ出張もされている蚤の市イベントです。今回は約1年ぶりに冷泉荘で開催、約30店が集まって冷泉荘内のあちこちがマーケットの会場となりました。1日じゅうずっと雨の天気でしたが、300名以上の方にご来場いただき、盛況となりました!みなさまありがとうございます!

 

IMG_6392_s

今回のあおぞら市出店者のみなさん

 

 

さてさて、今回も、管理人とまわる冷泉荘ツアーをベースに、写真でふりかえってみます。

 

冷泉荘前では、あおぞら市&れいぜん荘ピクニック総合案内所と、多肉植物の「HAKATAcolorful 多肉」さん、コーヒーの「COFFEE LANTERN」さんが出店。

管理人ツアーは、冷泉荘前に集合して全体を説明してA棟→屋上→B棟とぐるっとまわって戻ってきます。

 

 

IMG_6897_sIMG_6460_sIMG_6476_sIMG_6561_sIMG_6412_sIMG_6411_sIMG_6480_s

 

A棟に入ったら地下と裏庭の話をしつつリル・ベーグルさん、A10号の元・共同浴場のことや外壁改修工事に関してご案内。その後はA12号にて冷泉荘事務局とぼくの仕事内容、耐震ブレースや耐震改修工事についてお話し、A13号 冷泉荘不動産へ。

 

冷泉荘不動産㈱スペースRデザインによるビル再生事業と福岡に展開しているビンテージビルの仲間たちの活動をお話して、今回はその中からシェアハウス「茶山ゴコ」から多肉植物の「stem」さん、新高砂マンションでの一坪ショップの集合「清川リトル商店街」に出店していただきました。いつもは物件マップにしている卓球台を半分にわけて、清川リトル商店街のぷちアンテナショップとstemさんの多肉植物が並んで。stemさんは寄せ植え体験もされており、好評でした!

 

IMG_6484_sIMG_6925_sIMG_6395_sIMG_6982_sIMG_6471_sIMG_6470_sIMG_6438_sIMG_6398_sIMG_6987_sIMG_6410_sIMG_6494_sIMG_6497_sIMG_6474_s

 

A棟2階では、A21号 引力の間にてハッピネス旅行社さんが買い付けてきたバリ雑貨の販売をされておりました。元・共同浴場のドアをテーブルにしています〜ここから裏庭に〜実は元お風呂のイメージから銭湯ベースに内装のレイアウト/デザインがされています〜など詳しくお伝え。

 

3階では、今年5月29日に10周年を迎えられたA31号「アトリエ穂音」さんが「アトリエ穂音 日本画教室ダイジェスト版生徒作品展」を開催中でした。冷泉荘が現在のように集合アトリエとなったころから入居していただいているアトリエ穂音さん。これまでの冷泉荘/アトリエ穂音の歴史や日本画についていろいろお話をお聞きしました。

また、この日は福津市の菓子工房「hilosweets」さんがおいしいお菓子を出張販売にいらしておりました。大好きなんです。hilosweetsさんのお菓子!2ヶ月に1度くらいのペースでアトリエ穂音さんに出張販売に来られておりますので、みなさまもいつかぜひ。。。

 

4階では、A41号「田中勇気博多人形工房」さんが「博多人形作っとーと」として[小さか人形の絵付け体験出来るばい/小さか博多人形も売っとるばい!]と、絵付け体験と博多人形の特別販売をされておりました。博多人形について、そしてちょうど展示の前の修復作業をされていた琴奨菊の琴バウアーなポーズの田中さん作の博多人形をみせていただいたり。

 

5階では、A51号「テトラグラフ写真室」さんが屋根裏部屋スタジオでの撮影会「フォトピクニック」」をされておりました。冷泉荘各部屋の畳の下の床板が集められたフローリングや、素敵なベランダなどのお話をききつつ、制作されている布製ましかくアルバムをみせていただいたり。

お隣の「信濃設計研究所 nano architects」さんでは、「これからのリノベーション -山王マンション リノベーション作品展示/無料相談会-」開催。山王マンション全体のことや、山王マンションで信濃康博さんが設計されたお部屋305号「“the times” transplantation – “時代” 移植」や407号「時代蘇生」のこと、リノベーションというもの、冷泉荘の取り組みの魅力などをお話いただきました。

 

IMG_6501_sIMG_6399_sIMG_6928_sIMG_6989_sIMG_6407_sIMG_6401_sIMG_6506_sIMG_6503_sIMG_7052_sIMG_6499_sIMG_6444_sIMG_7060_sIMG_6936_sIMG_7008_sIMG_6516_sIMG_6944_sIMG_7072_sIMG_6522_sIMG_7018_sIMG_6519_s

 

福岡は空港が近い影響もあって5階建てなのにパカっと景色が開けてとても気持ちのよい屋上を通って、B棟へ。

 

B棟5階では、あおぞら市の会場(占いの館)となっているB54号「冷泉復元部屋」へ。東京オリンピック開催でのホテル需要に合わせて1963年ごろに普及した日本最初のユニットバス「ほくさんバスオール」の話をしながら、「冷泉荘にあるのは1967年製の2号の洗い場付タイプだからおそらくその頃に共同浴場から各部屋にユニットバスを置くようになったと推察される」など冷泉荘の住居と時代/生活スタイルの変化を紹介。

 

4階では、B45号「yHa architects」さんで一級建築士の平瀬有人さん・平瀬祐子さんのこれまでのプロジェクトについてや冷泉荘の部屋でお気に入りの網の入った窓、断熱材のお話を。冷泉荘、当時の建築らしく断熱材が入っていないので冬の寒さはなかなかに厳しく。。。yHa architectsさんは外壁側の壁に断熱材を貼られております。この効果についてなどをお聞きしました。。。ほ、他の部屋にも欲しい。。。

 

同じく4階、外国人向けの旅行会社のB44号「株式会社トリップインサイト」さんのお部屋では、外国人向けのツアー企画(自転車ツアー、まちあるきなど)をお聞きしつつ、古いパーツがたくさん残りながら、これまでの入居者さんによって作られてきた部屋の痕跡を辿っていきました。

 

管理人ツアーの時間が運悪くちょうどレッスン中で写真撮影ができなかったのですが、3階ではB34号「Laule’a yoga&pilates studio」さんが熊本地震のための「チャリティークラス 姿勢改善ヨガ/リラクゼーションヨガ」を開催。インストラクター・Risaさんの特別レッスンが行われておりました。

 

2階では、まちづくりのアドバイズやまちおこし/まちづくりイベント企画など多彩にされているB25号「まちづくり屋さん」が、今回は「なぞのちしき屋さん」としてさまざまなちしきを展示されておりました。まちづくり屋さんは、お酒のコラム、ストローアートや洋裁など本当にさまざまな顔を持たれておりますが、れいぜん荘ピクニックではいつもさまざまな「◯◯屋さん」に変化されます。今回はちしき!「シカト」や「三昧」という言葉の由来や「鞄」という字の誕生秘話など明日から使える知識満載でございました。

 

注文靴と靴作り教室のB24号「shoe lab noppo」さんは、この日は終日レッスンを行われておりましたが、レッスン風景と素敵なアトリエを見せていただきました。革のランプシェードが人気で、なんと今回のれいぜん荘ピクニックのあとで、ランプシェードのワークショップ開催が決定されました。6月は毎週土曜日の10:00〜12:00に開催されるとのこと!みなさん、ぜひご参加くださいませ!

詳細→ https://www.facebook.com/ShoeLabNoppo/posts/864865913618599

 

IMG_6948_sIMG_7074_sIMG_6953_sIMG_7025_sIMG_6952_sIMG_7028_sIMG_7031_sIMG_6957_sIMG_6536_sIMG_7033_sIMG_7035_sIMG_6467_sIMG_6960_sIMG_6967_sIMG_6435_s

 

そして管理人ツアー最後のお部屋、B棟1階は、普段はレンタルスペース。「2コ1多目的スペース」「冷泉荘ギャラリー」「よりあい読書室」と利用形態によってサイズや名称が変わるちょっとややこしいところですが、展示・演劇・アコースティックライブ・トーク・落語会・懇親会などさまざまに利用されております。低価格だけれどぼくも少しだけですがかげながらサポートしておりますので、これからやってみたいことを実現するにも最適です。ご興味の方は冷泉荘事務局(092-985-4562)までご気軽にお問い合わせくださいませ。

 

さて、今回は、あおぞら市のメイン会場となっておりまして、約20店がひしめきあって出店されておりました。

 

IMG_6979_sIMG_6973_sIMG_6552_sIMG_6542_sIMG_6430_sIMG_6426_sIMG_6429_sIMG_6419_sIMG_7091_sIMG_7041_sIMG_6417_s

 

 

 

IMG_6559_sIMG_6463_s

 

 

今回のあおぞら市の出店者さんは下記のみなさま。

 

+++

 

ましゅ  陶器、天然石、樹脂粘土アクセサリーなど

革工房kimamamono  革小物・革雑貨

grandeur chloe(グランドゥール クロエ)  ハンドメイドのサンキャッチャー

サリー ドラゴン  占い屋

suhana(すうはな)  衣類、アクサセリー、靴(若い女性もの)

ARTRICKpucupucu  指輪、ピアスなどアクセサリー

薬味  はんこ、紙もの雑貨

なつ実の木  ガラスや天然石、時には刺繍を用いたアクセサリー

COFFEE LANTERN  コーヒー(ホット、アイス)のドリンク販売と豆販売

Tsuyu  オリジナルのイラストでのポストカードなど

Chou Chou(シュシュ)  リボンヘアアクセサリー、グラスクレイのアクセサリー、ポーセラーツ

ぽっぽ屋  似顔絵、イラストや手作り雑貨(陶器、羊毛フェルト、レジン雑貨)

air  布小物・アクセサリー

Replace(リプレイス)  総合家具、小物

あのこのみ  ブローチ・ピアスなどのアクセサリー、ポストカード、ポーチなどの布小物

ebiFly(エビフライ)  アクセサリー、ヘアアクセリー、ミニアートフレーム(イラスト)

SCATOLA(スカートラ)  革鞄と革小物

e*fu  ビーズアクセサリー

tamako box  バッグ・アクセサリー

pheacadh(ペチャド)  刺繍やビーズのアクセサリー

伽羅双庵  占い・お香作り・邪気取りグッズ販売

+1colorful  アクセサリー、キッズアクセサリー、布小物

つばめ屋  ハンドメイドアクセサリー(ブローチ、イヤリング、ピアス、ネックレス等)

Lapis lazuli  フラワー雑貨

Chouette anjiee & nutts  ハンドメイドアクセサリー

m*natural  木工雑貨

SPORE+haruno  アクセサリー、布小物、陶器

HAKATAcolorful 多肉  多肉植物、寄せ植え等、園芸雑貨、木工品

マキマキ工房  アクセサリーとペット用のリードや首輪、アクセサリー

ミミンチュッタ  ミニチュアモチーフを使ったアクセサリー等

 

+++

 

あおぞら市は、朝の受付でくじをひいて出店場所が決まるシステムで、当日までどういった並びになるのか、どこの部屋になるのかわからないところが面白いです。今回も出店者のみなさんにご協力いただいて、あおぞら市で3店買い物&れいぜん荘ピクニックの各部屋へ訪れて参加いただいてスタンプもしくはサインを集めてもらうと、プレゼントと交換できるスタンプラリーを実施。

 

 

IMG_6909_sIMG_6887_s

 

 

午前中からずっと雨でしたが、たくさんの方がたくさんの時間を冷泉荘で過ごしていただき、本当にありがとうございました!!!

次回も、またあおぞら市と同時開催でれいぜん荘ピクニックを秋ごろに開催で調整中です。

おたのしみに!

 

 

 


ページトップへ

冷泉荘がいつも以上にオープンになる日!「れいぜん荘ピクニック2015・秋」!

2015/10/25

 

 

建物まるっと1棟が入居者さんたちによってリノベーションされ、まるでDIYリノベの博物館のような冷泉荘。それぞれがアトリエや教室、スタジオ、オフィス、飲食店などになっておりますが、それぞれのペースでオープンされておりますのでなかなか一度にたくさんのお部屋をみることができない。。。ということで、年に2回、冷泉荘全体のお祭りを開催!!あちこちのお部屋でさまざまなイベントが開催され、学園祭のように冷泉荘全体が開放されたオープンアパートイベントです。冷泉荘という山を登ったり降りたり。。。ピクニック気分で建物をまるっと楽しめちゃう、それが「れいぜん荘ピクニック」!

 

今年2回目の「れいぜん荘ピクニック」は、冷泉荘の入居者さんたちだけでなく、現在募集準備中で設備工事しているお部屋に冷泉荘入居者さんつながりの方もお招きご協力いただいて、冷泉荘がつくる「人のつながり」を体験できるような1日となりました。

http://www.reizensou.com/event/reizensou_picnic2015fw/

 

開催イベントは14!それぞれをめぐるだけでとっぷり時間が経ってしまいますが、ながーーくゆったりと何時間も冷泉荘を楽しんでいただいた方もたっくさんいらっしゃいました!ぼくは、恒例の「管理人とまわる冷泉荘ツアー」をして、ひたすら冷泉荘内をぐるぐるご案内しておりました。ツアー案内しながら写真をたくさん撮影しておりますので、ふりかえってみます〜!

 

 

■冷泉荘前〜A棟1階

 

冷泉荘前の受付ブースでは、冷泉荘の運営会社・㈱スペースRデザインの入っている天神パークビルの1階にあるエントランスカフェのおいしいお菓子がお出迎え!

 

A棟の中にはいると、地下では「マテリアルマーケット」が開催。木材・曲げわっぱ・レザーなどさまざまな端材・素材の格安販売と、それらを使ってDIY制作できちゃう道具・工作ブースが備えられています。とても1日限りのイベントとは思えない、空間づくりもすばらしい素材市場でした!。。。ぼくも楽器の材料につかえそうなものがたくさんあったので、もっとゆっくりみたかったな。。。また開催してもらえないかしら。。。

 

リル・ベーグルさんの奥の元・共同浴場のお部屋には、旅と古本のお店「ひとつ星」さんが出張販売しての「冷泉荘 古本市」。あ!ぼくもだいすきY氏の「Y氏が観てきた福岡のB面」も置いてある!!ベーグル屋さんの奥に本屋さん、、、いいですね〜!!!いつも本屋さんがあったらいいのに。。。

 

A12号の冷泉荘事務局では、午後からナオリュウさんがミニライブとボイストレーニングを開催。A32号 ㈱リリカムジカさん所属のナオリュウは、ループミュージック界で重要な方で、BOSSの大会では日本1位・世界2位を受賞されている超すごい方!ルーパーの扱いだけでなく歌もものすごく上手で、「世界一簡単な ナオ流 ワンポイントボイトレ」を開催。いつもとは違って管理人室でのミニライブ&ボイトレでしたが、空間の響きを気に入っていただけた様子。。。レッスンを受けていた方も気持ちよさそうに歌っておられました!

 

A13号 冷泉荘不動産では、うしじまくんが古本市をしながらレトロビルの魅力をみなさんにお伝え中!

 

 

■A棟2階〜4階

 

A棟2階、A21号 シェアオフィス「引力の間」では、引力の番頭さん・森千鶴子さんが制作された「水引アクセサリー」の販売と、天神パークビルの屋上でペットボトル稲の栽培をしている「たのしイネ」カレー部が、謎のベンガル人「K」さんを招いて特製カレーを販売中。う、うまい!!ぼくは2杯も食べちゃいました〜!

 

3階にあがって、A31号 アトリエ穂音さんのレッスンを覗かせていただいて。。。ドアをしめると、冷泉公園のオクトーバーフェストのドイツな音楽がとぎれて、そこは日本画の世界。スンとした空気が流れています。

 

4階のA41号は、現在入居者さん募集中のお部屋。A51号 テトラグラフ写真室・雨宮さんのおともだち・にゃんこぴゃーさんにお願いして「ワンコイン占いとアクセサリー屋さん」を開催していただきました!天川よしこさんの着ているジャケットがすごいステキ。。。宙ねこやよしこさんのそらねこ占いに、音を使った音もそさんの占いも気になる。。。!!!にゃんこぴゃーさんのアクセサリーにいけたにゆみかさんの刺繍もかわいかったです〜!

 

 

■A棟5階〜屋上

 

5階では、テトラグラフ写真室さんが七五三の撮影の合間に見学させていただいて。。。撮影後は、マタニティ写真展も。ステキなお部屋と5階だけの特別なベランダにみんなほっこり大興奮。

 

隣のA53号は、募集の準備中のお部屋を、倍音ケイイチさんにお願いして「なぞ楽器ひろば」を開催していただきました!冷泉荘では映画会に来ていただいたりマムシュカにてパフォーマンスをされていたおいしいだけじゃあない独創的なパンのミウラパンさんや健康茶・うらのす温泉さん、はちみつマルシェさんたちがあつまって、たのしい音にあふれたお部屋となっておりました!

http://www.reizensou.com/event/nazogakki_hiroba_picnic2015fw/

 

屋上は、「管理人とまわる冷泉荘ツアー」限定であがれる場所。冷泉荘の屋上にあがってみたい方は、ぜひ次回のれいぜん荘ピクニックで管理人ツアーにご参加くださいませ。。。

 

 

■B棟5階〜2階

 

配管よいしょとまたいで、屋上からB棟へとおりていきます。まずは住居当時の間取り・雰囲気をそのまま残したお部屋「冷泉復元部屋」へ。画期的な吐出口とユニットバス「ほくさんバスオール」を堪能。

 

4階ではA45号 yHa architectsさんのお部屋にたずねて。模型や、お部屋のDIYのお話、断熱についていろいろお聞きしています。冷泉荘は、特に冬はしんしんと冷えるのですが、、、yHaさんは壁3方を断熱工事されておりまして、とっても暖かいんです!う、うらやましいです。。古いビルはいろいろな悩みもありますが、入居者さん同士で情報共有できたりしてちょっと楽しかったりも。

 

3階では、B35号 美・body salon NapuaさんとB34号 Laule’a yoga&pilates studioさんをおたずね。どちらのお部屋も、高橋ひとよさんのお部屋で、Laule’aさんはヨガ&ピラティスのスタジオ、Napuaさんはヘッドセラピーやいろいろなレッスン・料理教室などをされております。今回のピクニックでは、1コインヨガレッスンと、ヘッドセラピーをされておりました。フローリングがピシーっととってもきれいなスタジオのラウレアさんと、施術のベッドとテーブルのある2つの空間が美しくたくさんの植物に心も軽くなるNapuaさん。

 

そしてみんな気になる、今回個人的に1番たのしみにしていたB25号 まちづくり屋さんの「呪い屋さん」。まちづくり屋さんは、お肉屋さんやお魚屋さんのように、まちづくりのアイディアや企画相談などをされておりますが、れいぜん荘ピクニックでは多才なまちづくり屋さん、ふくづくり屋さんをはじめとしていろいろな「◯◯屋さん」に変わります。そして今回はなんとテーマが「呪い」!うひゃあ

 

呪いという言葉の起源や、呪いの作法、呪い返しの仕方などを教えていただき、今年の新藁でまちづくり屋さんが作った藁人形を五寸釘打ちする体験も。。。おそらく、今日いらした方はみなさんはじめての五寸釘打ちだったことでしょう。。奥深き呪いの世界。

 

 

■B棟2階〜1階

 

B棟2階、まちづくり屋さんの向かいのB24号 shoe lab noppoさんは靴作りの教室をされている中、お邪魔させていただきました。いつみてもステキなアトリエ!!革で手づくりされたランプシェードがすっごくかわいいです!最近ようやくぼくも革の魅力に惹かれてきております。shoe lab noppoさん、ときどきカラフルなレザーを組み合わせて作った靴を履いておられますが、これがものすごくかわいいのです。。。カラフルなレザーの組み合わせ、いますごい好きなんです。

 

B棟1階は、レンタルスペース。もともと2部屋だったところを、冷泉荘の耐震改修工事の際につなげた2コ1のお部屋です。畳のある和室と、多目的に使えるスペースと、ギャラリーがサイズを可変してお互いに空間をつなげたりもできます。今回は、和室部分の「よりあい読書室」で、テンジン大学の読書会「テン大books」開催。ぎゅうぎゅうな感じでしたが、すごい熱気に!

 

その手前の部分では、まちづくり屋さんのお友達、ちびっこたちに愛される絵本を描いている「ちまてんてい」こと島桂介さんの「ちびっこたちといっしょ 〜ちまてんていと愛すべきちびっこたち〜」展が開催。保育士の島さんが、ちびっこたちに囲まれたなかでの出来事をたくさん描かれておりました。

 

すぐとなりの冷泉荘ギャラリーでは、A42号 akioworks 徳永昭夫さんの新作個展「椅子と空間展 Chairs in a space」の展示初日。すごい!しかもどちらも本当に座れてしまいます。。。この作品は、タイトルにもありますとおり、ぜひこの空間で、空間とともに味わっていただきたいです。昨年も可視/不可視な椅子の作品を制作されていた徳永昭夫さん。椅子にかなりこだわっている徳永さんの、新しい椅子の視点。ぜひご覧にいらしてくださいませ。11月8日(日)まで展示されております。

 

 

管理人ツアーをふりかえるだけで、このボリューム。。。もっとたくさんのいろんな出会いが起こっていた日のはずです。また次回、6月ごろに開催の予定です。。。来てみないと、この複雑な楽しさ、なかなか伝わらないかと。。。次回のれいぜん荘ピクニックもお楽しみにー!

 


ページトップへ

「れいぜん荘ピクニック2015・春 & 第18回 あおぞら市」、大盛り上がりでした!

2015/6/22

 

 

冷泉荘、年に2回のお祭り「れいぜん荘ピクニック」!冷泉荘の入居者さんたちにも協力いただいて、お部屋のあちこちがオープン、イベントだったりのんびり見学だったり。。。冷泉荘の多様な業種のみなさんといろいろお話できちゃう、学園祭やオープンキャンパスのような、”オープンアパート”なイベントを、6/20(土)に開催いたしました!

 

2015年1回め、春の部は大人気の手づくりマーケット「あおぞら市」との同時開催。あおぞら市は、九州・福岡の作家さんお店屋さんがたっくさん集まる、蚤の市のようなマーケットイベントです。冷泉荘は第2期から第3期へと移行し何組か卒業された方の空室があるので、募集をちょっぴり遅らせて、あおぞら市の会場といたしました。あおぞら市は、冷泉荘第2期のメンバーの株式会社キュースタさん主催。(キュースタさんは現在、福岡市南区皿山にて「kyurakuen」という隠れ家ショップをされております。http://ameblo.jp/e-acce-biz/)。卒業しても、ホームな感じで冷泉荘でいっしょにイベントを開催してもらえるというのも、とってもうれしいですね!

 

さて、そんなキュースタさんと冷泉荘のコラボレーションで、かなりのお部屋でイベントを開催している形となりました「れいぜん荘ピクニック&あおぞら市」!梅雨の時期ながらも、お昼からはペカっと晴れて、とってもいい心地!

 

およそ700名の来場者で大賑わいとなりましたピクニック&あおぞら市、管理人とまわる冷泉荘ツアーのルートをベースに、写真でふりかえってみます〜

 

 

まずはA棟入り口からはいって、地下へ。。。冷泉荘の裏側、住居のころの名残がバンバンに残っている裏側の様子をお見せしてから、地下のお部屋へ。いろんな雑貨やアイテムが売られている中に、占いやリラクゼーションなど15店以上のお店が。このお部屋、ちょっと前まではマッサージ屋さんだったのだけれど、マーケットの会場としていい雰囲気ですね〜!

 

*地下のお部屋は、現在、店舗(飲食店以外)の募集中です〜!

ご興味の方はぜひ! → http://www.space-r.net/tenant/reizensou/a101

 

 

リル・ベーグルさんを抜けて、元・集合浴場だったお部屋もあおぞら市の会場に。5店、ぎゅっと出店!

そしてお隣のお部屋、ぼくがいつもいる冷泉荘事務局(いわゆる管理人室)もあおぞら市の会場に。ふだん置いてあるライダーベルトが奥にしまっちゃっていたので、遊べなくてすねちゃった子どもさんも。。。笑

 

 

さらにお隣のA13号は、6/28(日)にオープンとなる冷泉荘不動産が。冷泉荘の管理会社・㈱スペースRデザイン(管理人のぼくもスペースRデザインの社員です)の仲介部門が、「オーナーさんと入居者さんとやりたいことをつないで、冷泉荘みたいに楽しい物件・ビンテージビルをつくる不動産屋さん」として冷泉荘に登場です。ぼくもいっしょに物件探しをお手伝いしますので、6/28からは、お部屋を探している方ぜひご気軽に遊びにいらしてくださいませ〜!

冷泉荘不動産は、スペースRデザインの本社が入っているビル1階の5坪カフェ「エントランスカフェ」の出店も。パウンドケーキとおいしいアイスティー!(おいしかったー!すぐ売り切れちゃいましたね!)

 

2階は、シェアオフィス「引力の間」に入居いただいているハッピネス旅行社さんが、バリのツアーをされているときに買い付けされたかわいい猫の雑貨などのバリグッズが激安で!旅行の話から、南極旅行の話で盛り上がったり、、、そしてその奥では映像制作会社・グループ現代さんの伊藤監督の奥さんが、八女でされているえほん屋さん「ありが10匹。」の出張でいらしておりました。えほんが所狭しとならんでいました〜!(えほん屋「ありが10匹。」さんは、6/29[月]朝6:00〜13:00にも冷泉荘B棟1階にて出張販売をされます〜!こちらもぜひ!http://www.reizensou.com/event/ariga10_2015/

 

3階 では、「アトリエ穂音」さんが日本画教室を開催。にぎやかな冷泉荘のなかに、ふっと静かで時間の流れ方も異なるような感覚になりました。アトリエ穂音さんのお隣、音楽事務所「株式会社リリカムジカ」さんでは、所属アーティストのナオリュウさんが10分で歌がうまくなるボーカルレッスンをされておりました。ぼくがお部屋の前を通ったときは、レリゴーを歌う子どもさんが。。。さいしょちょっぴり外れがちだった音程がだんだんときちんとしたメロディに。。。すごい!

 

 

ナオリュウさんは、急きょ外でのパフォーマンスも!冷泉荘事務局に出店されていた、いしだまさんの「フレミンゴと愉快な仲間たち 」の紙芝居ライブもあって、お昼すぎの冷泉荘はとっても楽しい雰囲気に〜

 

 

4階にあがってすぐのお部屋は、ちょっと前まで詩人・渡辺玄英さんの詩のアトリエだったお部屋。シンプルなお部屋に、カーテンレールかな?代々受け継がれてきた謎のパイプのフレームが残ったお部屋。こちらもあおぞら市の会場に。

*A41号も現在、事務所・アトリエの入居募集中です!http://www.space-r.net/tenant/reizensou/a41

 

5階にあがると、『マタニティ写真展』を開催中の「テトラグラフ写真室」さん。この日このあと生まれたという、まさに誕生直前のママさんの奇跡的でステキな写真展。ベランダでは持込カフェもされており、たくさんの方が「仕事になら な ぃ」というテトラグラフ写真室さんの気持ちよい空間を楽しんでおられました〜!

 

お隣のA53号もあおぞら市の会場に。こちらは、地下のマッサージ屋さんの事務所兼洗濯場だったので、ほんのりと洗濯洗剤の香りが感じられるお部屋。なんと、一角にはシャワーブースが!

*A53号は現在、募集のための準備中です。情報はもう少しお待ちください。

 

 

ペカっとはれてビアガーデンやりたくなるほどきもちよい屋上を通って、B棟へ。冷泉荘の住居当時の間取りをそのまま保存している「冷泉復元部屋」をみてひとしきり昭和の気分にひたったあと、4階の設計事務所「yHa architects」さんへ。復元部屋からのギャップもあって、スタイリッシュな空間がとても刺激的!佐賀の酒蔵「鍋島」の酒蔵改修のお話や、断熱材の魅力について大盛り上がり。

 

 

B棟4階の外国人向け旅行会社「株式会社トリップインサイト」さんのオフィスにお邪魔して、このお部屋にしかないレアなパーツを探したり、ツアーの話で盛り上がったり。3階では、6/17(水)にオープンされたばかりの「美・Body salon  Napua」さんがヘッドセラピーなどをされておりました〜!すべて手づくりで作られたお部屋がとってもステキです!お向かいのヨガ&ピラティススタジオ「ラウレア」さんも、Napuaを経営されている高橋ひとよさんのスタジオ。こちらではヨガの体験レッスンをされておりました!

 

B棟2階では、まちづくりやそれに関わるイベントのアイディアや企画をされるアドバイザー「まちづくり屋さん」がなんとネクタイを加工して作ったネックレスやミニハットブローチ、着物を解いて作ったシャツなど「アクセサリー屋さん」として展示販売されておりました!まちづくり屋さんは本当にいろいろな特技をお持ちですが、れいぜん荘ピクニックではいつもさまざまな面が明らかになるので、毎度驚きです!

 

向かいのお部屋、注文靴と靴作り教室の「shoe lab noppo」さんは、レッスン風景を覗かせていただきました。革の香りと、手縫いで作られていく靴に、みんなで感動!お部屋もとってもステキなアトリエになっておりますので、冷泉荘ツアーでいっしょにまわっていたほとんどの方が大喜びされておりました〜!

 

そしてツアーさいごのお部屋は、B棟1階のレンタルスペース「2コ1多目的スペース/冷泉荘ギャラリー」。今回は、宮崎から「染織こだま」さんがいらして、たくさんの反物をならべてじっさいに布にふれることもできる『木綿展』を開催されておりました。普段着の着物として、洗濯機で洗濯もできちゃうとのこと。。。み、魅力的!

コンクリートにのこった木目や、職人さんが現場で曲げて作ったといわれる絶妙なカーブの配管もたのしみつつ、1時間以上にわたる濃密ツアーがエンディングをむかえます。

 

今回は、あおぞら市の40をこえる出店者さんたちの力もあって、本当ににぎやかな1日でした!

たのしかったー!

次回は、秋!10月末ごろを予定しております。

そのころには、きっと、また新しい入居者さんも増えております!

 

またぜひ冷泉荘に遊びにいらしてくださいませ〜!

 

 

あおぞら市出店者のみなさんと集合写真!


ページトップへ

FUKUOKA DIYリノベ International WEEK、冷泉荘会場も盛り上がりました

2014/11/22

老朽物件の空間を、オーナーさんだったり入居者さんだったり、自らカスタマイズする “DIYリノベ”。自分らしい心地よい空間をつくる楽しさを、福岡のみならず世界中の人たちが、広く体験できる1週間として開催された「FUKUOKA DIYリノベ International WEEK」。福岡県内15ヶ所、糸島から久留米・大牟田まであちこちで開催されました。それらの土地をツアーのように巡ることも想定されて「リノベーション・ツーリズム」として、各地の人々と交流できるイベントでした。

 

冷泉荘は「DIYリノベのメッカ “福岡市都市景観賞” のビンテージビル」として参加。築56年を迎える昭和のレトロビルで、年間300件近くのイベントでフル稼働している建物です。各部屋は入居者さんによって改装がOKで、約10年前から入居者さんたちが各部屋を代々DIYリノベしてきています。各地で起こっているDIYリノベの動きのなかで、冷泉荘はまさにDIYリノベが導くひとつの未来を示していると言えるでしょう。まずは冷泉荘でDIYリノベの姿を感じてほしい!ということで、オープニングパーティーの開催地となり、以後はDIYリノベWEEK全体の観光案内所役として毎日オープンしておりました。冷泉荘には70名ほどいらっしゃいまして、朝10時と同時に冷泉荘を訪れ、ひとまわりしてから次のDIYリノベの地へと行かれる方がとても多かったです。

 

やっぱり冷泉荘の雰囲気をまるっと感じてほしいので、可能な限り管理人の案内ツアーも実施。毎日2〜4回ツアーでまわりました。タイミングよくツアーにご参加いただいたみなさま、いかがだったでしょうか?

オリジナルの間取りを残したお部屋からそれぞれ独自のデザインに変遷していく各部屋。そしてあったかくってたのしい入居者さんたち。そのまままるっと感じていただけたのではないでしょうか。

 

管理人とまわる冷泉荘ツアーは、毎年2回開催している冷泉荘全体のイベント「れいぜん荘ピクニック」でも開催しております。れいぜん荘ピクニックでは、近くにお住まいの方を中心に学生さんからお年寄りまで幅広い方々がいらっしゃいますが、さすがDIYリノベ。建築や不動産に関わる方ばかりで、それも鹿児島や大阪、東京までかなり遠くからいらした方が多く、みんなが同じ興味を抱いていることもあってツアーも非常に濃いものに。僕自身も刺激的でした!

 

 

 

11/10(月)には、オープニング・パーティーを開催。決起集会に近い形でのイベントで、信濃設計研究所・信濃さんによる「DIYリノベの精神」に関する基調講演、各地のプロジェクトチームの3分プレゼンがリレー形式で行われるなど、DIYリノベに参加している各地のメンバーも改めて全体を把握する機会に。

 

 

 

管理人ツアーでは、A11号リル・ベーグルさん、A13号 福岡アジア美術トリエンナーレ(冷泉荘会場)、A21号引力の間・ハッピネス旅行社さんや、A31号アトリエ穂音さん、A51号テトラグラフ写真室さん、B54号 冷泉復元部屋、B44号株式会社キュースタさん、B棟1階 冷泉荘ギャラリーで開催中の石川博巳さん写真展「スカイトレイル」を中心にご案内。

 

 

土曜日には、オランダからいらしたお二人をA42号akioworks 徳永昭夫さんにご案内いただいたり、TVQの「ぐっ!ジョブ」の取材もあったり。

 

とっても賑やかな1週間でした。

冷泉荘は今後もDIYリノベでどんどん変化していきます。自分らしい心地よい暮らしをじぶんでつくるDIYリノベの世界。

WEEKの期間は終わってしまいましたが、冷泉荘ではDIYリノベの情報を今後も発信し続けます。

 

今回のイベントに参加された方も、どうしても来られなかったという方も、ぜひ冷泉荘にいつでもいらしてくださいませ!

管理人 “サンダー” がお待ちしております!


ページトップへ