「 冷泉荘日記 」一覧

冷泉荘入居者交流会

冷泉荘入居者交流会

管理人が山本から杉山に交代、そして9月から一気に三組の新入居者が決まったこともあり、さまざまな方が冷泉荘に出入りするようになってきました。そこで、みなさんの顔合わせを目的に、本日は冷泉荘の入居者同士の交流会を催しました。

55カフェ ハロウィンバージョン

55カフェ ハロウィンバージョン

ちょっと前のことになってしまいますが、10/24(日)に、ドネルモとテトラグラフとの共同企画「駄菓子&麦酒 55カフェ」が開催されました。場所はA棟5階テトラグラフ写真室。時間は14時から、ゆるーーーーりとながーーーーく開催されておりました。とにかくユルい、それがとてもここちよい。

柳家小春(イソノヨウコ)さん 三味線ライブ&Tシャツ展

柳家小春(イソノヨウコ)さん 三味線ライブ&Tシャツ展

10/29〜31の3日間、渡辺玄英さん+芳澤瞳さん主催のイベントとして、”お江戸”よりイラストレーターのイソノヨウコさんをお招きし、Tシャツ展が開催されました。ぼくも大好きなヒカシューのボーカル、巻上公一さんと親しく、ヒカシューのアルバム「転転々」のジャケットデザインも担当されているヨウコさん。大好きなジャケだったので、すごく楽しみにしておりました!

秋の夜長の音の恩恵

秋の夜長の音の恩恵

今日はひさびさのアトリエ穂音でのライブ、ということで、さらに本日のゲスト真辺雄一郎さんは九大卒であったということもあって、お客さんとして観に行ってきました。実は、アトリエ穂音でのライブは初めて。いつもは事務所で聴いていたので、なんだかドキドキしながら行きました。

釜山のアーティストに彩られる冷泉荘。WATAGATAアーツフェスティバル

釜山のアーティストに彩られる冷泉荘。WATAGATAアーツフェスティバル

少し報告が遅くなってしまいましたが、9/8(木)から9/13(火)まで、韓国と日本のアーティストの交流作品展が開催されました。アジア美術館・アートスペーステトラとともに冷泉荘も展示会場となり、釜山のアーティスト4名が展示を行いました。冷泉荘会場は冷泉荘ギャラリーとMEギャラリー、そして冷泉荘の外側です。展示の雰囲気をお伝えいたします。

冷泉荘耐震工事写真展「古さと新しさが導くやさしい組体操」はじまっています!

冷泉荘耐震工事写真展「古さと新しさが導くやさしい組体操」はじまっています!

4月18日からはじまっております冷泉荘耐震工事写真展「古さと新しさが導くやさしい組体操」。雨宮さんのつけたタイトルから想像力が膨らむ、素敵な写真展となっています。冷泉荘耐震工事に関わる”職人さん”たちのそのままの姿、奮闘する姿、そしてふとした瞬間にみせる笑顔。開催期間は5月30日まで。耐震補強をした冷泉荘の姿とともに、ぜひともご覧にいらしてください!

にぎやかにたくさんのイベントが開催される冷泉荘

にぎやかにたくさんのイベントが開催される冷泉荘

8月は、服部真希さん油絵の個展「森夜のワルツ〜The waltz of midnight forest〜」、イトウメグミさんの刺繍作品の個展「ITOME ten HOBGOBLIN」と、冷泉荘ギャラリーでの展示が続いておりましたが、9月に入ってからはインディペンデント映画祭、まちなかアート・ギャラリー、NPO法人ドネルモさんのクラシック音楽企画「カンマームジーク・プロジェクト」、杉内玄徳主催のよりみち文化塾、九州大学芸術工学部公開講座「絆の環境設計」がはじまるなど、映画・芸術・音楽・よりみち・学びとさまざまなムーブメントが冷泉荘にて発信されています。

あおぞら市と山笠

あおぞら市と山笠

7月1日〜15日まで開催される博多祇園山笠。770年の歴史を誇る伝統あるお祭りです。冷泉荘の方では、癒しくま・松隈さん(東流)、食道よこちょう・白川さん(恵比須流)が毎年参加されております。冷泉荘では、子供山笠の行われる7月7・8日に、七夕ともかけて、あおぞら市を開催。今回は近隣のかわいいレトロビル・ふかみビル3Fも会場とした規模の大きなあおぞら市です。

ピクニック中の冷泉荘で『たのしイネ2012~すべての人の心に稲を!~』を開催いたしました。

ピクニック中の冷泉荘で『たのしイネ2012~すべての人の心に稲を!~』を開催いたしました。

またまたド派手な管理人杉山に代わりまして、餅つき課の牛島の日記です。 5月26日、27日の2日間。冷泉荘ピクニック2012ということで、冷泉荘のアチコチでいろいろなイベント・展示が行われました。その一つとして、ペットボトルで稲を育てる通年プロジェクト「たのしイネ2012」(http://tanoshi-ine.com/)の第1回を開催しました。今回は、「稲とたのしイネのお話し」と「種まき苗づくり実習」。直前に西日本新聞に載せていただいたことで、方々からたくさんの方々に参加していただけました。(牛島ヒカル)

福岡教育大学 教材開発プロジェクトの中で、ワークショップ「廃材からの学び〜時間を旅する楽器工作室〜」を開催しました。

福岡教育大学 教材開発プロジェクトの中で、ワークショップ「廃材からの学び〜時間を旅する楽器工作室〜」を開催しました。

福岡教育大学 教材開発プロジェクト「くらしと深くつながる教材の探索と創出」と、廃材楽器制作ユニット「Sound Renovation Band」(九州大学藤枝研+冷泉荘)とのコラボレーションで、「廃材からの学び~時間を旅する楽器工作室~」と題されたワークショップを2012年3月11日(日)14:00~17:00に開催しました。その内容をちょっぴりおはなし。

第5回あおぞら市、大盛況でした〜!次回は7月7,8日(土・日)!

第5回あおぞら市、大盛況でした〜!次回は7月7,8日(土・日)!

4月14日、15日(土・日)の2日間開催された「第5回あおぞら市@冷泉荘」、今回も約40店の出店があり、500名以上の来客で大賑わいとなりました!なぜだかいつもはどこかで雨が降ってしまったり、その2日間だけもんのすごく寒くなっちゃったりしていましたが、今回はまるっと晴天!すかっと晴天!

第4回あおぞら市@冷泉荘+ふかみビル、大盛況でした!

第4回あおぞら市@冷泉荘+ふかみビル、大盛況でした!

2月4,5日(土・日)の2日間開催された第4回あおぞら市、およそ350名の来客で今回も大盛況!特に今回は距離も年齢も近いレトロビル「ふかみビル」にもご協力いただき、2会場での開催で、とてもエキサイティングでございました。まちへと拡大していくあおぞら市!今後も楽しみです![次回は4月14,15日(土・日)の予定だそうです。]

引力の間、入居者募集中

引力の間、入居者募集中

9月1日(土)に完成&見学会を開催したパワーアップ版「引力の間」。お部屋に4つのリノベーション空間が誕生しました!!9月1日の見学会で早速ひと席、playの間がお申込みが入っておりますが、まだあと3つの空間は入居者募集中です!料金は月額36,750円で、光熱水費+インターネット代込み。メンバー特典としてレンタルスペースの利用を半額割引!お仕事や遊び・趣味のお部屋として、お気に入りのお部屋を冷泉荘にかまえてみませんか?詳しくは冷泉荘事務局(092-985-4562)までご連絡くださいませ。

【引力の間 パワーアップ大作戦】9月1日(土)に見学会開催ッ!!

【引力の間 パワーアップ大作戦】9月1日(土)に見学会開催ッ!!

「引力の壁」によって、さらなる展開をみせる引力の間。区切られて登場する4つの空間のデザインの方向性が確定いたしました。冷泉荘の管理会社であり、数々のリノベーションを展開するスペースRデザインのベストセレクション的であり、かつ引力の間の個性を引き出すデザインとして、リノベデザイナー北嵜さん・森岡さんによってステキな4つのデザインが選ばれました。

引力の間、パワーアップ大作戦

引力の間、パワーアップ大作戦

冷泉荘A21号室「引力の間」、一席から借りることのできる特別室。まるでリビングで仕事/趣味を楽しんでいるかのような、ゆるーいシェアのお部屋です。このたび、入居者さんとも相談しながら、もっと楽しく、もっと特別な場所となるよう試行錯誤!そこでたどりついた、ぼくたちの考える「シェア」。楽しく働く、楽しく住む、そういう感覚が、シェアでつながる。ここに必要なのは、実はゆるやかな壁なのでは? 名付けて「引力の壁」 9月1日(土)に完成、見学会を開催します。新たなる力を得る引力の間、乞うご期待。