「 冷泉荘日記 」一覧

出会いと別れと、つながる縁

出会いと別れと、つながる縁

春は、出会いと別れの季節。。。もうすぐ7月で築60年をむかえる冷泉荘も、少しずつですが出会いと別れがあります。最近あった切ない別れが、「掃除中の癒やし」として2016年1月に冷泉荘日記で書いていた、苔玉がついに落ちてしまったこと。。。

冷泉荘屋上でとれたインディカ米、「たのしイネ」7周年記念文化祭でたっぷりいただきました!

冷泉荘屋上でとれたインディカ米、「たのしイネ」7周年記念文化祭でたっぷりいただきました!

都会の中で、ビルの屋上でペットボトル稲作プロジェクト「たのしイネ」、2017年には冷泉荘屋上でペットボトル稲作をしてきた「たのしイネ」。種まきから苗をペットボトルに田植え、穂が出来て、稲刈りをして、干して脱穀・籾摺り・精米、そして食べるまで、まちなかで農や食と出会うプロジェクトです。7年にわたる活動がいったんおさまることとなり、天神パークビル屋上での実践6年+冷泉荘での1年の活動をまとめた記念イベント「たのしイネ7周年記念文化祭~おわりは、はじまり。未来への種をまこう。~」が2018年3月21日に冷泉荘B棟1階にて開催されました。

掃除道具ラブ「ちりとりで足るを知る」

掃除道具ラブ「ちりとりで足るを知る」

冷泉荘の管理人として大きな仕事が、清掃!平日は1〜1.5時間、土日祝は約2時間を清掃の時間にあてて、冷泉荘の階段や冷泉荘前、ついでにお隣の大神宮さんを毎日掃除しています。清掃の主力ブキたるホウキにはかなり試行錯誤しておりましたが、ついにちりとりも限界に。。。

冷泉地区どんど焼き2018!

冷泉地区どんど焼き2018!

みなさま、あけましておめでとうございます。お正月から日常へとピシッと気持ちをいれかえる、どんど焼きで今年も冷泉荘日記はじめをいたします。冷泉荘、今年7月で築60年!今年もよろしくお願いいたします!

冷泉荘屋上で、たのしイネ!

冷泉荘屋上で、たのしイネ!

冷泉荘の屋上ではじまった、ペットボトルで屋上稲作プロジェクト「たのしイネ」!都会ビルの屋上を舞台に、ペットボトルで一粒の種もみから収穫、お米を食べるまでを体験する取り組みで、まちなかで農や食と出会うプロジェクトです。冷泉荘管理人は今年から稲作初参加です。種植えから、穂が出始める8月後半まで、ざっとご紹介。

山笠のあるけん博多たい!

山笠のあるけん博多たい!

起源より伝統776年、ユネスコの無形文化遺産に登録されてはじめての博多祇園山笠、無事に今年も奉納が終わりました!山笠は国の重要無形民俗文化財でもあり、博多の総鎮守である櫛田神社にまつられる大幡主命(櫛田大神)、天照大神、素戔嗚尊(祇園大神)に対して奉納される祇園祭のひとつです。起源は諸説ありますが、聖一国師が1241年、疫病除去のため施餓鬼棚に乗って祈祷水(甘露水)をまいたのが始まりと言われています。その後も、地域が一体となって災厄防除や安寧を願う奉納行事として続いており、博多の人々のつながりの強さの礎となっております。今年も、山笠をたっぷり追いかけました!

「れいぜん荘ピクニック2017・春 & あおぞら市」、天気もよくワイワイ盛り上がりました!

「れいぜん荘ピクニック2017・春 & あおぞら市」、天気もよくワイワイ盛り上がりました!

年に2回ほどのペースで開催している、冷泉荘全体のお祭り、冷泉荘全体のあちらこちらがオープンになるオープンアパートイベント「れいぜん荘ピクニック」を6月3日(土)に開催いたしました。冷泉荘の建物をひとつの山みたいに見立てて、のぼったりおりたり寄り道したり、冷泉荘にゆるーくピクニックしにおいでというイベントです。九州・福岡の作家やお店が約30店あつまる「あおぞら市」を今回も同時開催、天気もすかっと晴れて賑わいました!

2017年、今年も博多松囃子・稚児舞をご披露いただきました。

2017年、今年も博多松囃子・稚児舞をご披露いただきました。

5月3日と4日は、博多のゴールデンウィークは、「博多どんたく港祭り」です!博多だけでなく福岡全体がまつりの場となって、参加する方も観にいらしている方もたっくさんの大賑わいの2日間。どんたくの源流といわれる博多松囃子の稚児舞が、今年も冷泉荘に舞をご披露にいらしてくださいました!

冷泉荘最後の秘境!?元・シャワー室との噂の、、、開かずの間をついにあけちゃいました

冷泉荘最後の秘境!?元・シャワー室との噂の、、、開かずの間をついにあけちゃいました

今年からはじまる、冷泉荘屋上でのペットボトル稲栽培プロジェクト「たのしイネ」のシーズン2!その部室的な感じでちょっとした空間が必要となり、屋上手前の開かずの間を、あけちゃいました!元・シャワー室と噂されるこの部屋、、、いったい、どんな。。。。

冷泉荘、階段補修②

冷泉荘、階段補修②

昨年夏に実施した冷泉荘階段の浸透性コンクリート防水工事。表面的にはあまりビフォーアフターの違いがわからないのですが、今までは階段全体が濡れていたのが側溝に雨水が流れるようになっているように感じます。さて、このたびは側溝に流れる水の量が増えた影響か、側溝にあったひび割れから階下に水が滴る箇所が出てきたため、階段のひび割れ補修を実施中。まだ最後の塗装前で工事中といった状況ですが、ひと段落しましたのでご報告です。

冷泉地区どんど焼き2017!

冷泉地区どんど焼き2017!

みなさま、あけましておめでとうございます。お正月気分が抜けて、ちょっとピシッとした感覚になる、どんど焼きで今年も冷泉荘日記はじめをします。今年も冷泉荘をよろしくお願いいたします!

その後の活用が気になる旧・冷泉小学校

その後の活用が気になる旧・冷泉小学校

ついに本格的な解体工事が始まった、旧・冷泉小学校の校舎。1998年に博多小学校への統合で閉校され、その後しばらく博多小学校の仮校舎や第2校舎・ 運動場として活用され、敷地の一部に知的障がい児通園施設、冷泉公民館・老人いこいの家が完成しておりますが、耐震など様々な理由からなかなか全体としての活用が見つからず、そのまま校舎は残っておりました。今年6月に「冷泉自治協議会」が、災害時の避難所機能を持つ体育館整備など跡地利用提案書をまとめ、福岡市長に提出したことを受けて、ついに解体工事へと進んだようです。

れいぜん荘ピクニック2016・秋&あおぞら市、福岡DIYリノベWEEK2016、今回も盛況でした!

れいぜん荘ピクニック2016・秋&あおぞら市、福岡DIYリノベWEEK2016、今回も盛況でした!

冷泉荘のあちこちすみずみまで堪能できる冷泉荘全体のオープンアパートイベント「れいぜん荘ピクニック」。年に2回のペースで開催しており、11月6日(日)に大人気のマーケットイベント「あおぞら市」と同時開催にて行いました。その翌日には、老朽物件の空間を自らカスタマイズする“DIYリノベ”の楽しさをさまざまな土地・方法で体験できる福岡DIYリノベWEEK2016が開催。冷泉荘をたっぷり堪能したあとは、福岡県内各地でDIYをたのしめる、リノベーションのさまざまな有り様・リノベーションが生み出したコミュニティを堪能できる期間となっておりました。冷泉荘会場は、DIYリノベによって生まれ変わって10年経過した建物。DIYリノベが紡いだコミュニティがどのように展開していくのか、そのひとつの結実した形を体験していただけたのではと思います。