「れいぜん荘ピクニック2015・春 & 第18回 あおぞら市」、大盛り上がりでした!

冷泉荘、年に2回のお祭り「れいぜん荘ピクニック」!冷泉荘の入居者さんたちにも協力いただいて、お部屋のあちこちがオープン、イベントだったりのんびり見学だったり。。。冷泉荘の多様な業種のみなさんといろいろお話できちゃう、学園祭やオープンキャンパスのような、”オープンアパート”なイベントを、6/20(土)に開催いたしました!

2015年1回め、春の部は大人気の手づくりマーケット「あおぞら市」との同時開催。あおぞら市は、九州・福岡の作家さんお店屋さんがたっくさん集まる、蚤の市のようなマーケットイベントです。冷泉荘は第2期から第3期へと移行し何組か卒業された方の空室があるので、募集をちょっぴり遅らせて、あおぞら市の会場といたしました。あおぞら市は、冷泉荘第2期のメンバーの株式会社キュースタさん主催。(キュースタさんは現在、福岡市南区皿山にて「kyurakuen」という隠れ家ショップをされております。http://ameblo.jp/e-acce-biz/)。卒業しても、ホームな感じで冷泉荘でいっしょにイベントを開催してもらえるというのも、とってもうれしいですね!

さて、そんなキュースタさんと冷泉荘のコラボレーションで、かなりのお部屋でイベントを開催している形となりました「れいぜん荘ピクニック&あおぞら市」!梅雨の時期ながらも、お昼からはペカっと晴れて、とってもいい心地!

およそ700名の来場者で大賑わいとなりましたピクニック&あおぞら市、管理人とまわる冷泉荘ツアーのルートをベースに、写真でふりかえってみます〜

まずはA棟入り口からはいって、地下へ。。。冷泉荘の裏側、住居のころの名残がバンバンに残っている裏側の様子をお見せしてから、地下のお部屋へ。いろんな雑貨やアイテムが売られている中に、占いやリラクゼーションなど15店以上のお店が。このお部屋、ちょっと前まではマッサージ屋さんだったのだけれど、マーケットの会場としていい雰囲気ですね〜!

*地下のお部屋は、現在、店舗(飲食店以外)の募集中です〜!

ご興味の方はぜひ! → https://www.space-r.net/tenant/reizensou/a101

リル・ベーグルさんを抜けて、元・集合浴場だったお部屋もあおぞら市の会場に。5店、ぎゅっと出店!

そしてお隣のお部屋、ぼくがいつもいる冷泉荘事務局(いわゆる管理人室)もあおぞら市の会場に。ふだん置いてあるライダーベルトが奥にしまっちゃっていたので、遊べなくてすねちゃった子どもさんも。。。笑

さらにお隣のA13号は、6/28(日)にオープンとなる冷泉荘不動産が。冷泉荘の管理会社・㈱スペースRデザイン(管理人のぼくもスペースRデザインの社員です)の仲介部門が、「オーナーさんと入居者さんとやりたいことをつないで、冷泉荘みたいに楽しい物件・ビンテージビルをつくる不動産屋さん」として冷泉荘に登場です。ぼくもいっしょに物件探しをお手伝いしますので、6/28からは、お部屋を探している方ぜひご気軽に遊びにいらしてくださいませ〜!

冷泉荘不動産は、スペースRデザインの本社が入っているビル1階の5坪カフェ「エントランスカフェ」の出店も。パウンドケーキとおいしいアイスティー!(おいしかったー!すぐ売り切れちゃいましたね!)

2階は、シェアオフィス「引力の間」に入居いただいているハッピネス旅行社さんが、バリのツアーをされているときに買い付けされたかわいい猫の雑貨などのバリグッズが激安で!旅行の話から、南極旅行の話で盛り上がったり、、、そしてその奥では映像制作会社・グループ現代さんの伊藤監督の奥さんが、八女でされているえほん屋さん「ありが10匹。」の出張でいらしておりました。えほんが所狭しとならんでいました〜!(えほん屋「ありが10匹。」さんは、6/29[月]朝6:00〜13:00にも冷泉荘B棟1階にて出張販売をされます〜!こちらもぜひ!http://www.reizensou.com/event/ariga10_2015/

3階 では、「アトリエ穂音」さんが日本画教室を開催。にぎやかな冷泉荘のなかに、ふっと静かで時間の流れ方も異なるような感覚になりました。アトリエ穂音さんのお隣、音楽事務所「株式会社リリカムジカ」さんでは、所属アーティストのナオリュウさんが10分で歌がうまくなるボーカルレッスンをされておりました。ぼくがお部屋の前を通ったときは、レリゴーを歌う子どもさんが。。。さいしょちょっぴり外れがちだった音程がだんだんときちんとしたメロディに。。。すごい!

ナオリュウさんは、急きょ外でのパフォーマンスも!冷泉荘事務局に出店されていた、いしだまさんの「フレミンゴと愉快な仲間たち 」の紙芝居ライブもあって、お昼すぎの冷泉荘はとっても楽しい雰囲気に〜

4階にあがってすぐのお部屋は、ちょっと前まで詩人・渡辺玄英さんの詩のアトリエだったお部屋。シンプルなお部屋に、カーテンレールかな?代々受け継がれてきた謎のパイプのフレームが残ったお部屋。こちらもあおぞら市の会場に。

*A41号も現在、事務所・アトリエの入居募集中です!https://www.space-r.net/tenant/reizensou/a41

5階にあがると、『マタニティ写真展』を開催中の「テトラグラフ写真室」さん。この日このあと生まれたという、まさに誕生直前のママさんの奇跡的でステキな写真展。ベランダでは持込カフェもされており、たくさんの方が「仕事になら な ぃ」というテトラグラフ写真室さんの気持ちよい空間を楽しんでおられました〜!

お隣のA53号もあおぞら市の会場に。こちらは、地下のマッサージ屋さんの事務所兼洗濯場だったので、ほんのりと洗濯洗剤の香りが感じられるお部屋。なんと、一角にはシャワーブースが!

*A53号は現在、募集のための準備中です。情報はもう少しお待ちください。

ペカっとはれてビアガーデンやりたくなるほどきもちよい屋上を通って、B棟へ。冷泉荘の住居当時の間取りをそのまま保存している「冷泉復元部屋」をみてひとしきり昭和の気分にひたったあと、4階の設計事務所「yHa architects」さんへ。復元部屋からのギャップもあって、スタイリッシュな空間がとても刺激的!佐賀の酒蔵「鍋島」の酒蔵改修のお話や、断熱材の魅力について大盛り上がり。

B棟4階の外国人向け旅行会社「株式会社トリップインサイト」さんのオフィスにお邪魔して、このお部屋にしかないレアなパーツを探したり、ツアーの話で盛り上がったり。3階では、6/17(水)にオープンされたばかりの「美・Body salon  Napua」さんがヘッドセラピーなどをされておりました〜!すべて手づくりで作られたお部屋がとってもステキです!お向かいのヨガ&ピラティススタジオ「ラウレア」さんも、Napuaを経営されている高橋ひとよさんのスタジオ。こちらではヨガの体験レッスンをされておりました!

B棟2階では、まちづくりやそれに関わるイベントのアイディアや企画をされるアドバイザー「まちづくり屋さん」がなんとネクタイを加工して作ったネックレスやミニハットブローチ、着物を解いて作ったシャツなど「アクセサリー屋さん」として展示販売されておりました!まちづくり屋さんは本当にいろいろな特技をお持ちですが、れいぜん荘ピクニックではいつもさまざまな面が明らかになるので、毎度驚きです!

向かいのお部屋、注文靴と靴作り教室の「shoe lab noppo」さんは、レッスン風景を覗かせていただきました。革の香りと、手縫いで作られていく靴に、みんなで感動!お部屋もとってもステキなアトリエになっておりますので、冷泉荘ツアーでいっしょにまわっていたほとんどの方が大喜びされておりました〜!

そしてツアーさいごのお部屋は、B棟1階のレンタルスペース「2コ1多目的スペース/冷泉荘ギャラリー」。今回は、宮崎から「染織こだま」さんがいらして、たくさんの反物をならべてじっさいに布にふれることもできる『木綿展』を開催されておりました。普段着の着物として、洗濯機で洗濯もできちゃうとのこと。。。み、魅力的!

コンクリートにのこった木目や、職人さんが現場で曲げて作ったといわれる絶妙なカーブの配管もたのしみつつ、1時間以上にわたる濃密ツアーがエンディングをむかえます。

今回は、あおぞら市の40をこえる出店者さんたちの力もあって、本当ににぎやかな1日でした!

たのしかったー!

次回は、秋!10月末ごろを予定しております。

そのころには、きっと、また新しい入居者さんも増えております!

またぜひ冷泉荘に遊びにいらしてくださいませ〜!

あおぞら市出店者のみなさんと集合写真!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする